Back
肥大型心筋症における左房機能の評価 : 超高速CTによる検討   :   The Assessment of Left Atrial Function in Hypertrophic Cardiomyopathy Using an Ultrafast Computed Tomography. 

作成者 苅込, 正人
作成者 (ヨミ) カリコミ, マサヒト
作成者の別表記 KARIKOMI, Masahito
キーワード等 Ultrafast computed tomography, Hypertrophic cardiomyopathy, Left atrial function
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 X線管球を回転させながら撮影する従来型CTでは, スキャン時間が長いため拍動する心臓を評価することが困難であった。超高速CTは電子線走査型機構を用いることによって撮影時間を短縮し, 短時間に多断面の撮影が可能となった。また, 超高速CTは左房を含む心臓全体を死角なく描出する点で優れている。肥大型心筋症(hypertrophic cardiomyopathy: 以下HCM)では左室壁の肥厚とともに拡張機能障害が存在し, 左房が循環動態の維持に重要な役割を担っている。本研究では, HCM 22例, 正常8例に対して超高速CTを施行し, 左房を直接描出することによって, HCM群と正常対照群間で, 左房の縮小様式に差異が存在するか否かを比較検討した。cine modeおよび心電図同期法を使用し, 同時多断層撮影を施行した。寝台尾側を左方へ25度移動したものを長軸像とした。長軸像で得られた画像のうち, 左房が最大面積として描出されている断面を選択し, 1心拍間での左房の経時的な面積変化を求め, グラフを作成した。左房の最大面積から縮小期の60%時間後までの面積減少率ではHCM群は正常群と比較して有意に低下していた。しかし, その他の指標では有意差を認めなかった。また, HCM群において, 症状の有無による検討では, いずれの指標も統計上の有意差を認めなかった。HCM症例において, 左室急速充満期における左房から左室への流入量は低下しており, 代償性に左房収縮機能は亢進していた。左室急速充満早期では, HCMの左房conduit機能に与える影響は少ないものと考えられた。HCMでは, 症状の発現する以前に左房縮小動態に影響が出る可能性が示唆された。
Ultrafast computed tomography was performed in 22 patients with hypertrophic cardiomyopathy (HCM) and 8 normal subjects to evaluate left atrial function. The area-time curve of the left atrium was obtained from the long axial view and analyzed. The diminishing fraction of the left atrial area from passive atrial emptying to atrial diastasis in HCM was significantly less than that in normal subjects (17.4±6.3% vs 23.0±6.8%, p<0.05). The maximum area, filling fraction, time to peak diminishing rate, peak diminishing rate, time to 50 0f peak diminishing rate, and diminishing fraction at the time of peak diminishing rate in HCM did not differ significantly from those in normal subjects. No indices differed between symptomatic patients with HCM and asymptomatic patients with HCM. In conclusion, the contraction of the left atrium is increased and a compensatory mechanism is at work in response to the impairment of left ventricular early diastolic filling, which does not affect the conduit function of the left atrium. It is suggested that the left atrial function in HCM may well be altered before symptom is present.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027076
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.3 page.155-162 (1994)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213592.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

540 times.


Search
Related Materials in




Ultrafast computed tomography
Hypertrophic cardiomyopathy
Left atrial function