Back
炭酸ガス負荷の心拍変動への影響 : 周波数解析法による検討   :   Effects of Carbon Dioxide Challenge on Heart Rate Variation Determined by Spectral Analysis. 

作成者 清水, 俊行
作成者 (ヨミ) シミズ, トシユキ
作成者の別表記 SHIMIZU, Toshiyuki
キーワード等 呼吸中枢活動リズム, 心拍変動, 炭酸ガス負荷, 周波数解析
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 呼吸運動に一致した心拍の変動には, 呼吸中枢の周期的活動リズムが心血管中枢に伝播する中枢神経経路と, 呼吸運動により生ずる血圧変動に対する圧受容体を介する循環反射経路が関与すると考えられている。中枢神経経路を介した呼吸中枢活動リズムの心拍変動への影響を明確にするため, セボフルラン麻酔下に大量の筋弛緩薬により呼吸筋を麻庫させた患者で, 人工換気を一定とし, 吸気炭酸ガス濃度を調節(0%)し, 炭酸ガス分圧変化の心拍および収縮期血圧変動への影響を周波数解析法により検討した。人工換気周波数(0.167Hz)を中心とする人工換気周波成分(P_V:0.125-0.2Hz)と高周波成分(P_H:0.2-0.5Hz)に分け, 高速フーリエ変換法でパワースペクトルを算出した。炭酸ガス分圧は呼気終末で測定し, その経時的変化を25-35mmHg, 35-45mmHg, 45-60mmHg, 45-35mmHg, 35-25mmHgに分けた。各炭酸ガス分圧レベルで, 平均加算した人工換気周波数成分(P_V)と高周波成分(P_H)および高周波成分の人工換気周波数成分に対する比(P_H/P_V)を比較した。心拍変動の高周波成分(P_H)は45-60mmHgの炭酸ガス分圧レベルで有意に増加し, その人工換気周波数成分に対する比(P_H/P_V)も著しく増大した。このことは, 炭酸ガス刺激で心拍に人工換気より短い周期の変動が現れることを示した。収縮期血圧変動の高周波成分(P_H)は変化せず, その人工換気周波数成分に対する比(P_H/P_V)は極めて小さかった。このことは, 収縮期血圧は炭酸ガス分圧にかかわらず人工換気と同期し変動することを示した。以上より, 高炭酸ガス分圧時にみられた心拍変動の高周波成分(P_H)の増加は, 炭酸ガス刺激により完遂した呼吸中枢の周期的活動リズムを反映したと考えられた。さら
The effects of carbon dioxide (CO_2) challenge on heart rate variation (HRV) were determined under mechanical ventilation with a fixed volume and rate to evaluate the influence of central respiratory rhythmicity on the heart rate regulation. Ten healthy female patients undergoing gynecological operations were anesthetized with 1.7 (null)evoflurane-O_2, completely paralyzed with vecuronium bromide (0.3 mg/Kg), and mechanically ventilated at a frequency of 0.167 Hz. Power spectral analysis of HRV was performed during CO_2 challenge (0-7 %) under a continuous monitoring of CO_2 concentration. One major spectral peak of HRV was detected in the ventilation-related frequency range (0.125-0.2 Hz) during hypocapnia (P_<CO_2> 25-35 mmHg) and normocapnia (P_<CO_2> 35-45 mmHg). During hypercapnia (P_<CO_2> 45-60 mmHg) another spectral peak appeared in the higher frequency range (0.2-0.5 Hz). This higher frequency peak appears to reflect the hypercapnia-induced increase in central respiratory rhythmicity. These results suggest that alteration of central respiratory rhythmicity in response to CO_2 challenge can be estimated by spectral analysis of HRV in mechanically ventilated and completely paralyzed subjects.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027088
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.4 page.231-238 (1994)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216047.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

585 times.


Search
Related Materials in




呼吸中枢活動リズム
心拍変動
炭酸ガス負荷
周波数解析