Back
検診を契機に発見された大嚢腫様気腫の1例   :   A Cave of PCI Checked by Chance, by a Group Medical Examination. 

作成者 吉村, 直樹, 鈴木, 康夫, 深沢, 毅, 木下, 聡, 徳弘, 直紀, 西口, 弘, 齋藤, 秀一, 吉田, 尚
作成者 (ヨミ) ヨシムラ, ナオキ, スズキ, ヤスオ, フカザワ, タケシ, キノシタ, ソウ, トクヒロ, ナオキ, ニシグチ, ヒロシ, サイトウ, シュウイチ, ヨシダ, ショウ
作成者の別表記 YOSHIMURA, Naoki, SUZUKI, Yasuo, FUKAZAWA, Takeshi, KINOSHITA, So, TOKUHIRO, Naoki, NISHIGUCHI, Hiroshi, SAITO, Shuichi, YOSHIDA, Sho
キーワード等 大腸嚢腫様気腫, 超音波内視鏡, 高圧酸素療法
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 今回我々は, 無症状にて検診を契機に偶熱発見された大腸嚢腫様気腫(Pneumatosis Cystoides Intestinalis以下PCIと略)の1例を経験した。症例は写真製版に従事する56歳の男性。検診にて便潜血反応陽性を指摘され, 施行した注腸造影でS状結腸に多数の隆起性病変を認め, 腹部単純X線写真, 大腸内視鏡検査, 更に超音波内視鏡の併用にて奨膜下にガスが貯留する型のPCIと診断した。成因としては諸説があるが, 本症例では仕事上使用した有機溶媒であるトリクロルエチレンの慢性暴露が原因と考えられた。治療法として2.5気圧90分/日の高圧酸素療法を数回施行し軽快傾向を認め, 現在通院観察中である。
We report a case of PCI checked by chance, by a group medical examination. The patient (56 years old) have been engaged in developing photographs for about thirty years. Although he had no symptom, he was diagnosed as PCI by abdominal x-ray film, barium enema and colonosopy. Moreover, gas-filled cysts under serosa were found by ultrasonic endosopy. Although the etiology of PCI is not clear, one of the etiologies seemed to be that he had exposed himself for a long time to trichloroethylene which was produced in developingphotograph. He have been treated by hyperbaric oxygenation therapy.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027092
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.4 page.257-260 (19940000)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216051.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

714 times.


Search
Related Materials in




大腸嚢腫様気腫
超音波内視鏡
高圧酸素療法