Back
ラット腹腔MacrophageのAcetylated LDLによる泡沫化過程に於ける細胎内脂質転送蛋白(Sterol Carrier Protein 2: SCP_2)の動態   :   Changes of Sterol Carrier Protein 2 (SCP_2) in Foam Cell Formation of Rat Peritoneal Macrophages by Acetylated LDL 

作成者 木野, 智重
作成者 (ヨミ) キノ, トモシゲ
作成者の別表記 Kino, Tomoshige
キーワード等 Sterol carrier protein 2 (SCP_2), Macrophage, 泡沫細胞形成
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 動脈硬化症における主たる病変は血管壁における脂質とくにコレステロールエステルの沈着であり, 血液中より血管内皮下に遊走したmacrpphageが変性low density lipoprotein (LDL)を貪食し, 泡沫細胞となる過程が重要と考えられている。疎水性脂貫であるコレステロールの細胞内での輸送, 代謝には脂質転送蛋白の存在が不可欠とされている。しかしながらmacrophageの泡沫細胞化過程における細胞内脂質転送蛋白に関する報告は全くない。細胞内脂質転送蛋白の一種であるsterol carrier protein 2 (SCP_2)は種々の細胞に於いて細胞内コレステロールの転送・代謝に重要な役割を果たしている事が明らかになっている。そこでmacrophageの泡沫細胞化の過程におけるSCP_2の役割を明らかにすることを目的として, ラット腹腔macrpphageを用いて, まずmacrophageにSCP_2が存在するか否かについて検討し, つぎにmacrophageにおけるコレステロール代謝とくにacyl CoA: cholesterol acyltrans-ferase (ACAT)によるコレステロールエステル変生に及ぼすSCP_2の影響を調べ, さらに変性LDLのひとつであるacetylated LDL (Ac-LDL)によりラット腹腔macrophageに泡沫化を起こさせた際のSCP_2含量の変動について検討した。その結果, ラット腹腔macrophageのwhole homogenateを用いたwestern blot解析によってラット腹腔macrophageにSCP_2が存在していることがはじめて明らかになった。SCP_2はmacrpphageのACATによるコレステロールエステル産生を促進した。Ac-LDLを取り込んで泡沫化したラット腹腔macrophageにおいて, 添加するAc-LDLの量及び時間依存的にSCP_2含量が増加する事が明らかになった。これらの成績からSCP_2が泡沫細胞形成および血管壁への脂質沈着に関与する可能性がはしめて示唆された。
Sterol carrier protein 2 (SCP_2), also called nonspecific lipid transfer protein (nsL-TP), has been shown to play important roles in intracellular transport and metablism of cholesterol in various cells. However, there have been no reports concerning SCP_2 in macrophages, the major source of atheromatous foam cells. This study investigated whether or not SCP_2 is present in rat peritoneal macrophages, and determined the changes of SCP_2 content in macrophages during foam cell formation induced by the incubation with acetylated-LDL (Ac-LDL). Immunoblot analysis of whole homogenate of rat peritoneal macrophages clearly demonstrated that SCP_2 exists in rat peritoneal macrophages. Ac-LDL treatment of rat peritoneal macrophages resulted in doseand time-dependent imcrease in the SCP_2 content. The present findings suggest that SCP_2 may have some important roles in the formation of athtromatous lesions.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 applicaiton/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027117
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.5 page.303-313 (19941001)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213609.pdf
情報源 Chiba Medical Journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

608 times.


Search
Related Materials in




Sterol carrier protein 2 (SCP_2)
Macrophage
泡沫細胞形成