Back
Dynamic MRIによる腎機能の定量的評価   :   Quantitative Evaluation of Renal Function Using Dynamic MRI 

作成者 村上, 康二
作成者 (ヨミ) ムラカミ, コウジ
作成者の別表記 MURAKAMI, Koji
キーワード等 MRI, Gd-DTPA, 腎, レノグラム, GFR
日本十進分類法 (NDC) 492.4
内容 Gd-DTPAを用いた腎のDynamic MRIを施行し, その時間信号曲線の解析により腎機能定量的評価の可能性を考察した。基礎的実験としてファントムを用いて各種パルス系列によるGd-DTPの濃度信号曲線を求め, Dynamic MRIに最も適したパルスを決定した。この結果定量的評価にはshort SE法が最適と判断された。次に自己腎11例, 移植腎12例において臨床応用を試みた。ROIは腎実質に設定し, 得られた時間信号曲線を定性的に評価するほか, 2コンパートメメントモデルを想定したクリアランス法によって定量的にも解析を行った。このモデルでは, 時間信号曲線は理論的に次式で表現される。X(t)=A・exp(-k1・t)+B・exp(-k2-t)-C・exp(-k3・t)したがって時間信号曲線を最小二乗法にてこの理論式に近似させるとA, B, C, k1, k2, k3が求められる。これらからGFR評価のパラメーターとして新しくMRI-GFR=k1・k2/A・k1+B・k2を考案し, ^<99m>Tc-DTPAを用いたRIレノグラムのパラメーターと比較した。その結果, MRI-GFRはRIレノグラムから算出したGFRと良好な相関関係を示した(相関係数 r=0.901)。一方, 病的腎臓においてはMRIとRIの所見が一致しない例も存在したが, これはRIが単純にアイソトープの排泄能をみているのに対し, MRIは造影剤の排泄能だけでなく濃縮能も表しているためと考えられた。本研究により, Dynamic MRIによる腎の定量的機能評価の有用性が示唆された。
A study of quantitative analysis of renal function using dynamic-enhanced MR Imaging was performed on a 1.5T superconducting MR system. To determine the best suitable pulse sequence and dose of Gd-DTPA to injection, preliminary study using phantom was done before clinical application. As the aim of this study was quantitative evaluation, S/N ratio and contrast resolution were most important factors to decide pulse sequence. Consequently, spin echo technique (TR/TE=200/15, INEX, 128×128) was adopted without respiratory suspension. Eleven patients with slightly impaired renal function and 12 patients with grafted kidney were included in this clinical study. Time-intensity curve of renal parenchyma obtained by dynamic MRI (=MRI renogram) was intended to mathematical analysis. First, 2 compartment model was established for washout of Gd-DTPA Then a formula as below can be formed for expressing theoretical time-intensity curve. X(t)=A・ex exp (-k1・t)+B・exp(-k2・t)-C・exp(-k3・t) The parameters of A, B, C and k1, k2, k3 can be figure out by calculation of measured data by means of nonlinear least squares method. A new parameter (named MRI-GFR), expressed in formula as below, was settled for representing GFR. MRI-GFR=k1・k2/A・k1+B・k2 The MRI-GFR was correlated well with GFR obtained by renogram using ^<99m>Tc-DTPA (correlation coefficient: r=0.901). As a conclusion, MRI renogram was useful to calculate GFR by using of mathematical analysis.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027118
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.5 page.315-325 (19941001)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213610.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

968 times.


Search
Related Materials in




MRI
Gd-DTPA

レノグラム
GFR