Back
造影MRIによる末梢性顔面神経麻痺の抽出能の検討   :   The Efficacy of GD-enhanced MRI in the Evaluation of Peripheral Facicel Palsy. 

作成者 根本, 和久
作成者 (ヨミ) ネモト, カズヒサ
作成者の別表記 NEMOTO, Kazuhisa
キーワード等 末梢性顔面神経麻痺, MRI, サブトラクション, SNR, Gd-DTPA
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 29例の末梢性顔面神経麻痺症例(I群とする)と30例の正常例(II群とする)において, 顔面神経の遺影MRIにおける増強効果を検討した。サブトラクション法により顔面神経内耳道部, 迷路部, 膝神経節, 鼓室部, 乳突部の遺影能を抽出し, I群の左右差とII群の左右差を比較してみると, いずれの部位においても有意差をもってI群の左右差の位が大きかった。またI群の患側の位とII群の位の比較でも有意差をもってI群の位が大きかった。このように, 末梢性神経麻痺症例では, 顔面神経が遺影されるが, II群にも強い遺影効果を呈する症例が存在する。実際には両群の間には増強効果にかなりのオーバーラップがあるため, 造形MRI像のみにより両群を鑑別することには限度がある。しかし, I群の患側の信号強度値から健側の信号強変位を引いた位がII群の左右差の最大値を越えるかもしくはいずれかの部位でI群の患側の値がII群の最大値をこえる症例は, I群の86%を占めていた。上記の信号強度位の左右差の比較および正常群の信号強変位との比較の組み合わせにより, 末梢性顔面神経麻痺をMRI上高確率で診断できると考えられた。
Twenty-nine patients with peripheral facial palsy were evaluated to assess the efficacy of Gd-enhanced MRI. There was a limit to differenciate the patients with facial palsy from control patients because of enhancement of background organs and normal facial nerve. But by using subtraction methods of Gel-enhanced MRI, the difference of signal intensity between affected and healthy site or signal intensity of affected site was significantly higher than in control group. And it was alsohigh in 86 percent of peripheral facial palsy pa-tients compared with control patients. It is considered that MRI is useful to make adiagnosis of peripheral facial palsy.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027119
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.5 page.327-332 (19941001)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213611.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

520 times.


Search
Related Materials in




末梢性顔面神経麻痺
MRI
サブトラクション
SNR
Gd-DTPA