Back
エイコサペンタエン酸による血管壁プロスタグランディンI_2産生促進作用とその機序 : ラット培養血管平滑筋細胞のシクロオキシゲナーゼ活性について   :   Eicosapentaenoic Acid (EPA) Enhances the Production of PGI_2 in Vascular Smooth Muscle Cells : Activation of Cyclooxygenase by EPA. 

作成者 齋藤, 淳
作成者 (ヨミ) サイトウ, ジュン
作成者の別表記 SAITO, Jun
キーワード等 エイコサペンタエン酸, プロスタグランディンI_2, 過激化脂質, シクロオキシゲナーゼ, 培養血管平滑筋細胞
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 エイコサペンタエン酸(EPA)は魚脂中に含まれるω3系多価不飽和脂肪酸で, 種々の細胞に作用してその機能を変化させることで抗動脈硬化, 抗血栓作用を発揮することが明らかとなりつつある。私はEPAの血管壁に対する作用に以前より注目し, 特にプロスタグランディンI_2(PGI_2)が強力な血管拡張物質で, 血小板凝集能抑制作用および血管平滑筋細胞の増殖抑制作用などを有することから血管壁でのPGI_2合成促進作用に的を絞って研究してきた。今回in vitroの系でEPAが培養血管平滑筋細胞(VSMC)のPGI_2産生を促進する事を見いだし, さらにその機序を明らかとした。VSMCはラット胸部大動脈より調製し, EPAは血中での存在様式に近いTrieicpsapentaenpil-glycerol (EPA-TG)のかたちで添加した。VSMC のリン脂質分画のEPA含量はEPA-TG添加により用量存性に増加したが, PGI_2の前駆物質であるアラキドン酸含量は減少していなかった。VSMCからのPGI_2産生はEPA-TG添加により用量依存性に促進され, 160μM添加群ではその産生量は約4倍に増加した。この作用は抗酸化剤の同時添加により抑制され, その際に過酸化脂質も減少したことよりEPA-TG由来の過酸化脂質の関与が考えられた。次にEPA-TGの作用部位を検討するためPGI_2産生経路のうちPGI_2合成酵素, シクロオキシゲナーゼ(CO)およびフォスフォリパーゼA_2(PLA_2)の酵素活性を評価した。EPA-TG添加によりVSMCのPLA_2およびPGI_2合成酵素の活性には変化を認めなかったが, CO活性は用量依存性に完進した。したがってEPA-TGによる血管壁PGI_2産生促進作用の機序としてEPA-TG添加により増加した少量の過酸化脂質によりCOが活性化されたことによる可能性が強く示唆された。
Eicosapentaenoic acid (EPA) has been reported to have anti-thrombotic and anti-atherosclerotic actions through the modulation' of various cell function. In previous studies, we have focussed on the PGI_2 production of vascular walls. The present study was performed to elucidate the effect of EPA treatment on PGI_2 biosynthes in rat cultured vascular smooth muscle cells (VSMC). PGIa production of VSMC supplemented with EPA (40 to 160/zM) in the form of triacyl glycerol emulsion (EPA-TG) was dose dependently increased. This enhanced production of PGI_2 was suppressed by the simultaneous addition of antioxidants, BHT or Vitamin E. EPA-TG activated cyclooxygenase (CO), did not influence PGI_2 synthase activity and phospholipase A_2 activity. The concentration of EPA in VSMC was increased without altering the concentration of arachidonic acid and docosahexaenoic acid. A certain amount of lipid peroxide has been reported to be required for the activation of CO. It is suggested that lipid peroxides derived from EPA in the present study lead to the activation of CO and the increase in PGI_2 production in VSMC.

公開者 千葉医学会
資源タイプ application/pdf
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027198
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.6 page.377-387 (19941201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213699.pdf, 0303-5476
情報源 Chiba Medical Journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

807 times.


Search
Related Materials in




エイコサペンタエン酸
プロスタグランディンI_2
過激化脂質
シクロオキシゲナーゼ
培養血管平滑筋細胞