Back
抗カルジオリピン抗体コファクターであるβ_2グリコプロティンIに対するモノクローナル抗体の作製と各種疾患における血中濃度の検討   :   Establishment of Mouse Monoclonal Antibodies to Human β_2-glycoprotein I (Anticardiolipin Antibody Cofactor) 

作成者 鈴木, 隆弘
作成者 (ヨミ) スズキ, タカヒロ
作成者の別表記 SUZUKI, Takahiro
キーワード等 抗カルジオリピン抗体, 抗カルジオリピン抗体コファクター, β_2-グリコプロテインI, 抗リン脂質抗体症候群, 血栓症
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 目的)抗カルジオリピン抗体は, 血栓症や習慣流産などの病態と密接に関連することが報告されている。近年, 抗カルジオリピン抗体が活性を発現するためには血清中の蛋白の存在が必要であることが発見され, 抗カルジオリピン抗体コファクターと名付けられ, 注目を集めている。このコファクターは従来β_2-グリコプロテインI(β_2-GPI)もしくはアポリポ蛋白Hと呼ばれていた物質と同一の物質であることが明らかとなっている。β_2-GPIはリン脂質依存性の凝固系を抑制ナる因子として知られており, 抗リン脂質抗体症候群における血栓症の根岸を解明する上でβ_2-GPIの果たす役割を知ることは重要であると考え, ヒトβ_2-GPIに対するモノクローナル抗体を作製し, 固相酵素抗体法による定量系を開発して, 病態と血中β_2-GPI濃度との関連を検討することを目的とした。方法と結果)ヒトβ_2-GPIをマウスに免疫し, 細胞融合法でモノクローナル抗ヒトβ_2-GPI抗体産生株を4クローン得た。β_2-GPIに対する結合活性は固相酵素抗体法で測定した。抗体の特異性を解析する為に, ウェスタンブロッティングおよび競合阻害試験を施行したところ, これらの抗体はヒトβ_2-GPIに特異的であった。これらの抗体を用いてβ_2-GPI濃度を定量する系を開発し, 全身性エリテマトーデス(SLE)および血栓症患者における血中β_2-GPI濃度を側定した。SLE患者群と健常着料との間に, 血中β_2-GPI濃度の有意な差は認められなかったが, 血栓症の既往を有する患者群においては有意に血中β_2-GPI濃度の高値が認められた。
Anticardiolipin antibodies (aCL) are frequently found in sera from patients with systemic lupus erythematosus (SLE) and other related autoimmune disorders, which manifest thrombocytopenia, thromboembolic episodes and intrauterine fetal deaths. Anticardiolipin antibodies in sera of SLE patients reacted to a complex of cardiolipin and cofactor (β_2-glycoprotein I (β_2-GPI)or apolipoprotein H), which selectively bound to liposomes composed of negatively charged phospholipids. We established monoclonal antibodies to hu-man β_2-GPI and set up an enzyme immunoassay system for measurement of the serum β_2-GPI levels. Mean serum β_2-GPI levels were 177 μg/ml in normal subjects, 186 μg/ml in SLE patients without aCL and 212 μg/ml in SLE patients with aCL respectively. There was no appreciable differences in the levels of serum β_2-GPIamong these 3 groups. There was no correlation between the serum levels of β_2-GPI and the titer of aCL. Mean serum β_2-GPI level was 248 μg/ml in patients with several thrombotic manifestations, which was significantly higher than the other groups (p<0.05).

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027202
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.6 page.427-435 (1994-12-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213703.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

655 times.


Search
Related Materials in




抗カルジオリピン抗体
抗カルジオリピン抗体コファクター
β_2-グリコプロテインI
抗リン脂質抗体症候群
血栓症