Back
一過性MRI異常所見を呈した点頭てんかんの一例   :   A CASE OF INFANTILE SPASMS WITH A TRANSIENT MRI ABNORMALITY 

作成者 杉田, 克生, 石井, 光子, 清水, 直樹, 高梨, 潤一, 新美, 仁男
作成者 (ヨミ) スギタ, カツオ, イシイ, ミツコ, シミズ, ナオキ, タカナシ, ジュンイチ, ニイミ, ヒロオ
作成者の別表記 SUGITA, Katsuo, ISHII, Mitsuko, SHIMIZU, Naoki, TAKANASHI, Jun-ichi, NIIMI, Hiroo
キーワード等 infantile spasms, magnetic resonance imaging
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 MRI上後頭葉白質灰白質境界不明瞭な所見を示したが, follow-up MRIでは同所見が消退した点頭てんかんの6ヵ月女児を報告する。発症時MRIの異常所見に相当する部位にはPET検査上特記すべき所見は認めなかった。神経放射線診断の向上により, 機能的な脳成熟遅延が成因と考えられる症例が増加することが本症例から示唆された。
A 6-month-old male infant with infantile spasms (IS) exhibited a subtle abnormality on magnetic resonance imaging (MRI) consisting of poor demarcation between the occipital gray and white matter at the onset, which had disappeared by the 2-year-old follow-up MRI. Positron emission tomography, performed 7 days after the initial MRI, revealed no abnormal findings in the area corresponding to the initial MRI abnormality. This case suggests that among IS patients, the etiology of functional brain dysmaturity will be found with higher frequency using improved neuroradiological diagnostic methods.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027203
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.6 page.437-439 (19941201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213704.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

610 times.


Search
Related Materials in




infantile spasms
magnetic resonance imaging