Back
潰瘍性大腸炎に合併した直腸癌の1例   :   A Case Report of Rectal Cancer Associated with Ulcerative Colitis. 

作成者 三枝, 奈芳紀, 田中, 寿一, 土屋, 俊一, 山口, 敏広, 柳沢, 真司, 北方, 勇輔, 小田, 健司, 更科, 広実, 斉藤, 典男, 布村, 正夫, 中島, 伸之
作成者 (ヨミ) サイグサ, ナオキ, タナカ, トシカズ, ツチヤ, シュンイチ, ヤマグチ, トシヒロ, ヤナギサワ, シンジ, キタカタ, ユウスケ, オダ, ケンジ, サラシナ, ヒロミ, サイトウ, ノリオ, ヌノムラ, マサオ, ナカジマ, ノブユキ
作成者の別表記 SAIGUSA, Naoki, TANAKA, Toshikazu, TSUCHIYA, Shunichi, YAMAGUCHI, Toshihiro, YANAGISAWA, Shinji, KITAKATA, Yusuke, ODA, Kenji, SARASHINA, Hiromi, SAITOH, Norio, NUNOMURA, Masao, NAKAJIMA, Nobuyuki
キーワード等 潰瘍性大腸炎, 直腸癌, Dysplasia
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 潰瘍性大腸炎に合併した直腸癌症例を経験したので報告した。患者は28歳, 男性。6年前より全大腸型潰瘍性大腸炎の診断により薬物治療を受けていた。今回, 粘血便をともなう腸閉塞症状により入院し手術を行った。手術所見では上部直腸に腫瘍を認めたが, 肝転移も認められたため根治的治療は不可能と考え, 腹会陰式直腸切断術を施行した。切除標本にはdysplasiaを伴う4型の直腸癌が認められた。患者は7ケ月後肝転移巣の悪化のため死亡した。潰瘍性大腸炎には比較的早期に癌化してくる症例もあり, 常に癌化の可能性を念頭におき対処するべきであると考えられた。
A case of rectal carcinoma associated with ulcerative colitis was reported. The patient was a 28-year-old male who had been treated as ulcerative colitis by medication for 6 years. He was admitted to our hospital because of ileus with bloody mucous stool, and an operation was performed. Rectosigmoidal tumor Iwith multiple liver metastases was recognized. Abdomino-perineal resection was performed. The resected specimen showed Borrmann IV type carcinoma with dysplastic mucosa. The patient died because of metastatic carcinoma of the liver 7 months later. As to the treatment of the patient with ulcerative colitis, it is important to pay careful attention to the association of carcinoma.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027204
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.6 page.441-444 (19941201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213705.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

566 times.


Search
Related Materials in




潰瘍性大腸炎
直腸癌
Dysplasia