Back
幕末における千葉県の医療制度に関する考察II : 佐倉藩の医療制度改革2   :   A Study on the Medical System in the Chiba District during the Latter Part of the Edo Era II : Improvement of the Medical Science by the Sakura Clan 2. 

作成者 石出, 猛史
作成者 (ヨミ) イシデ, タケシ
作成者の別表記 ISHIDE, Takeshi
キーワード等 嘉永期の改革, 漢蘭融和, 牛痘種痘法, 医療史
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 天保年間に始められた佐倉藩の医療制度改革は, 数年を経た後の嘉永に入って見直しが行われた。その内容は, 漢蘭融和・医学所における漢方医学の診療開始・種痘事業の開始などである。また, 引き続いて蘭医学の修業者も送り出された。医学所では学生が就学に励むように, 教授に入門する形式をとった。医学所における診療の開始にあたっては, 藩医の若い子弟が積極的に採用された。医学所における診療は, 当初は藩士を対象としたものであったが, 後には種痘事業の開始に伴って, 広く開放されるようになった。
The reform of medical care system at Sakura Clan which began during Tempo Era was reexamined a few years later in Kaei Era. The new system included harmonization of Chinese medicine with Dutch medicine, opening of a Kampo clinic at the medical school, and the beginning of vaccination. Furthermore, medical students were sent out to Nagasaki to study Dutch medicine. At the. clan's medical school, students were attached to teachers so that students could devote their time for learning. When the medical clinic was opened, sons of the clan's doctor were actively employed. Medical treatment at the clan's medical school was at first offered to. the clan's samurai class only, but later extended to the public when vaccination began.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027353
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.1 page.1-6 (1995)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216287.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1152 times.


Search
Related Materials in




嘉永期の改革
漢蘭融和
牛痘種痘法
医療史