Back
リンパ球反応性を持つマウスモノクローナル抗DNA抗体の特異性の解析   :   Identification of Mouse Monoclonal Anti-DNA Antibodies Cross-reactive with Lymphoid Cells. 

作成者 瀧澤, 史佳
作成者 (ヨミ) タキザワ, フミヨシ
作成者の別表記 TAKIZAWA, Fumiyoshi
キーワード等 SLE, Anti-DNA antibody, Cross reactivity, Anti-lymphocyte antibody, Monoclonal antibody
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 SLEでみられる抗DNA抗体は, DNA, RNA, 燐脂質, プロテオグリカン, 免疫グロブリンや細胞膜などと多彩な交差反応性を持つことが知られているが, その産生機構は未だに明らかとはいえない。本研究者は, 一本鎖DNAおよび二本鎖DNAと交差反応性を有ナるマウスモノクローナル抗DNA抗体(抗ss/dsDNA抗体)が, マウスT細胞株細胞膜蛋白と特異的に反応することを偶然に見いだした。そこで, モノクローナル抗DNA抗体のリンパ球系細胞への結合性をフローサイトメトリーで観察し, また対応抗原の分子量を求めた。抗ss/dsDNA抗体の多くは, マウスT細胞株, Pre-B細胞株, B細胞株, マイトジェン刺激幼若化脾細胞と結合したが, 形質細胞株や非刺激脾細胞に対しては結合活性を示さず, 活性化したリンパ球上に出現する分子へ結合するものと考えられた。抗ssDNA抗体は, いずれの細胞に対しても結合活性を示さなかった。この反応は, dsDNAにより容量依存性に抑制され, 抗原結合部位を介して特異的に結合しているものと考えられた。また, 細胞もしくは抗体をDNase Iで前処置しても結合活性に変化はなかった。Western blottingの結果, 抗DNA抗体が結合するEL-4細胞膜上の対応抗原は46kDの分子と固定された。リンパ球表面上の抗原が抗DNA抗体産生を誘導したり, 他の原因によって誘導された抗体産生を協調的に刺激するか否かは今後の検討課題であり, 対応抗原のさらに詳細な構造を明らかにすることは, 抗DNA抗体の産生機構や病態への関わりについて多くの知見を提供するものと思われる。
Antibodies cross-reactive with ssDNA and ds DNA (anti-ss/dsDNA Abs) have broad specificities, which include DNA, RNA, phospholipids, proteoglycan, cell membranes and immunoglobulins. However, mechanism of anti-ss/dsDNA Ab production is still not clear. Thirteen mouse monoclonal anti-DNA Abs were tested by flowcytometric analyses to observe their binding activity to murine lymphocytes. Monoclonal anti-ss/dsDNA Abs bound to T cell lines (EL-4, C6VLB), a pre-B cell line (4-9-6), a B-cell line (DW34) and mitogen activated spleen cells, but not to a plasma cell line (P3U1) and resting spleen cells. In contrast, anti-ss DNA Abs did not bind to either of these cells. The binding of these anti-ss/dsDNA Abs to lymphoid cells was inhibited by dsDNA in a dose dependent manner, which indicates this binding occurs via antigen binding sites. DNase treatment of lymphoid cells or anti-ss/dsDNA Abs did not affect the binding characteristics. Western blotting analyses revealed Molecular weight of the corresponding antigen on EL-4 cell membrane recognized by monoclonal anti-ss/ds DNA Abs as approximately 46 kD. These results suggest that the reactive molecule on the cell surface could be a protein or a DNA-DNA binding protein complex which may promote or drive anti-DNA Ab production in murine and human SLE.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027355
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.1 page.17-28 (19950000)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216289.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

672 times.


Search
Related Materials in




SLE
Anti-DNA antibody
Cross reactivity
Anti-lymphocyte antibody
Monoclonal antibody