Back
^<60>Co遠隔操作式高線量率腔内照射装置を用いた気管・気管支腔内照射   :   High Dose Rate Intraluminal Brachytherapy for Malignant Airway Tumors Using Co-60 Remote Afterloading System. 

作成者 宇野, 隆, 伊丹, 純, 有賀, 守代, 荒木, 仁, 有水, 昇, 藤沢, 武彦, 山口, 豊
作成者 (ヨミ) ウノ, タカシ, イタミ, ジュン, アルガ, モリヨ, アラキ, ヒトシ, アリミズ, ノボル, フジサワ, タケヒコ, ヤマグチ, ユタカ
作成者の別表記 UNO, Takashi, ITAMI, Jun, ARUGA, Moriyo, ARAKI, Hitoshi, ARIMIZU, Noboru, FUJISAWA, Takehiko, YAMAGUCHI, Yutaka
キーワード等 腔内照射, Co-60腔内照射装置, 気管支内腫瘍
日本十進分類法 (NDC) 492.4
内容 Co-60遠隔操作式腔内照射装置を用いた腔内照射(^<60>Co-HDR)が施行された患者について, 局所効果ならびに臨床症状の変化から, 本法の気道狭窄, 喀血などに対する有用性について検討した。対象は悪性腫瘍による気道狭窄, 喀血などを呈した16症例であり, いずれも姑息的治療であった。^<60>Co-HDRにより, 主として線源移動輪外側1cmを線量評価点としたうえで, 1回500-800cGy最低1週間以上の間隔にて計600-2250cGyを投与した。外部照射の併用が11例, レーザー照射併用例と化学療法併用例がそれぞれ5例および3例であった。症状緩和についての奏効率は, 喀血が83%(6/7), 呼吸苦が38%(3/8), 咳嗽が23%(3/13)であった。腔内照射の局所効果は, 気管支鏡所見では評価可能8症例中CR 2例, PR 5例であり, CTで判定した2例はPRであった。致死的喀血, 穿孔などの重篤な副障害はみられなかった。本法は悪性腫瘍による気道狭窄, 喀血に対して安全かつきわめて有効な治療法であると考えられた。
The objective of this retrospective study is to evaluate the palliative effect of high dose-rate intraluminal brachytherapy using Co-60 remote after-loading system (^<60>Co-HDR) for patient with malignant endobronchial tumors. Sixteen patients with symptomatic malignant airway obstruction were treated with ^<60>Co-HDR. All patients were treated for palliative intent. The fraction size of 500 cGy to 800 cGy to the total of 800 cGy to 2250 cGy for reference point mostly 1cm outside from the linear source path, were delivered with at least one week interval. Prior external beam radio-therapy was performed in 11, YAG laser in 5, systemic chemotherapy in 3. There were no fatal complications which seemed to be related to this approach. Symptomatic relief more than significant were obtained 86% (6/7) for hemoptysis, 38% (3/8) for dyspnea, 23% (3/13) for cough. Of the 8 patients who could be evaluated for local tumor responses of ^<60>Co-HDR by bronchoscopy, CR was seen in 2 and PR in 5. Another 2 patients who had extrabronchial tumor attained PR determined by CT. This results indicated that ^<60>Co-HDR could safely provide excellent palliation for patients with endobronchial malignant tumor.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027510
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.2 page.103-108 (1995)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216447.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

949 times.


Search
Related Materials in




腔内照射
Co-60腔内照射装置
気管支内腫瘍