Back
ヒト骨格筋・肝臓におけるグリコーゲン代謝の検討 : ^<13>C-MRSを用いて   :   ^<13>C-MRS Study of Glycogen Metabolism in Human Skeletal Muscle and Liver 

作成者 西川, 悟, 地平, 博夫
作成者 (ヨミ) ニシカワ, サトル, イケヒラ, ヒロオ
作成者の別表記 NISHIKAWA, Satoru, IKEHIRA, Hiroo
キーワード等 ^<13>C-MRS, グリコーゲン, 肝臓, 骨格筋, 炭水化物ローディング法
日本十進分類法 (NDC) 492
内容 天然^<13>C-MRS法を用いて安全性を保ちつつ, 人体からカーボンスペクトルの測定を試みた。さらに本法を用いて, ヒト肝臓, 骨格筋におけるグリコーゲン代謝の食事, 運動などの影響を測定し, 臨床応用に向けて基礎的な検討を行った。使用装置は市販の1.5テスラMRIで, 送受信には肝臓, 骨格筋に合わせ^<13>C用コイルを作製して用いた。対象は健康男子ボランティアである。ヒト肝臓において, 脂肪酸アシルチェーンのスペクトルが12.4-39.3ppmに, グリセロールおよびグリコーゲン(C2-C6)が53.8-75.2ppm, グリコーゲン(C1)が95.6-106.3ppm, 脂肪酸二重結合が126.0-135.5ppm, クレアチンが158.3ppm, 脂肪酸, 蛋白, リン脂質などのエステル結合が172.9ppmに見られた。グリコーゲン(C1)スペクトルより, 肝臓グリコーゲンが食事により上昇しその後除々に減少していく経過を, また運動により早期の段階から減少する様子をとらえた。グルコース投与例においては肝臓内に取り込まれたグルコースピークを, C1-αは88.0, 98.8ppmに, C1-βは91.9, 102.1ppmに認めた。これらグルコースから肝臓内でグリコーゲンが合成され, それが時間と共に減少していく過程を追跡できた。骨格筋においては炭水化物ローディング法を用いて, グリコーゲン量の変化を測定可能であった。蛋白中心の食事と激しい運動により一時的に減少するものの, その後の高炭水化物食の投与で除々に増加し, 第7日日には施行前の約130%を呈していた。^<13>C-MRS法を用いて, 骨格筋および肝臓内グリコーゲンの細胞レベルでの代謝や調節過程を, 瞬時にしかも無侵襲に測定できる可能性が示唆された。
Measurement was made of carbon spectrums with a human body, while maintaining the safety by use of a natural abundance ^<13>C-MRS method. The apparatus employed was a 1.5 tesla MRI which was commercially available, and a ^<13>C coil was fabricated in accordance with the liver and the muscle for the use of transmitting/receiving of the mesurements. The subjects were healthy male volunteers. From the spectrum of glycogen (C1), it was observed that the liver glycogen increased by intake of meals followed by a progress of gradual decrease, while a phase of decrease was observed from an earlier stage which resulted from the exercise. With the case to which glucose was administered, glucose peaks taken into the liver were observed with C1-α and C1-β. A progress could be traced in that the glycogen was synthesized from glucose in the liver and then decrease in accordance with the time elapses. With the muscle, changes in the quantity of glycogen were measured by use of a carbohydrate loading method. It was suggested that the method using the ^<13>C-MRS was capable of measuring instantly and noninvasively the metabolism and adjusting process at a cell level of glycogen in the muscle and the liver.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027511
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.2 page.109-122 (19950000)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216448.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1133 times.


Search
Related Materials in




^<13>C-MRS
グリコーゲン
肝臓
骨格筋
炭水化物ローディング法