Back
小肝細胞癌におけるウイルスマーカーと背景因子からみた臨床像ならびに予後に関する検討 : HBV陽性肝細胞癌とHCV陽性肝細胞癌の比較   :   Clinical Features and Prognoses of Small Hepatocellular Carcinomas Based on Viral Markers and Etiologic Factors. 

作成者 神谷, 尚志
作成者 (ヨミ) カミヤ, ショウシ
作成者の別表記 KAMIYA, Shoshi
キーワード等 肝細胞癌, 背景因子, 予後, B型肝炎ウイルス(HBV), C型肝炎ウイルス(HCV)
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 小肝細胞癌の臨床像および予後をウイルスマーカー別, 背景因子別に検討した。対象は肝細胞癌253例で, 腫瘍径3cm以下の小肝細胞癌は176例であった。全症例の平均年齢は58.8±7.6歳であり, 男性218例, 女性35例であった。HBs抗原をRIA法で測定し, 陽性例をHBV陽性とした。HCV抗体が第2世代抗体で陽性, またはPCR法でHCV-RNAが検出された場合をHCV陽性とした。HBV, HCV両者陽性(BC群)は6例, HBV単独陽性(B群)は26例, HCV単独陽性(C群)は199例, HBV, HCV両者陰性(NBNC群)は22例であった。B群とC群の間には診断時の臨床像, 背景因子に違いがみられた。B群はC群に比べて, 診断時の年齢が若く, 腫瘍径の大きく, 並存する肝障害の軽い症例が多かった。また小肝細胞癌に限定した検討でも, AFP値が20ng/ml以下, 診断時に単発腫瘤である割合がB群はC群より多かった。男性例と女性例では背景因子に違いがみられた。男性は女性に比べて, 飲酒歴, 覚醒剤歴, 刺青を有する例が多かったが, 輸血例の割合は女性の方が多かった。HCVの感染機会としての覚醒剤歴, 刺青は男性例および飲酒歴と相関しており, 既往歴としての聴取が重要であると考えられた。また覚醒剤歴, 刺青を有する例は輸血例と比べて感染機会から癌診断までの期間が長かった。Coxの比例ハザード・モデルを用い, 小肝細胞癌の予後の検討を行ったところ, B群および並存肝障害高度例が予後不良, B群および診断時多発例が再発の高危険群であった。B群とC群.ではその臨床像ならびに予後が大きく異なっている事が明らかとなった。
Clinical features and prognoses of hepatocellular carcinomas were investigated according to viral markers and etiologic factors. A total of 253 patients with hepatocellular carcinoma, including 176 with small hepatocellular carcinoma, were used as subjects. HBs antigen was measured by a RIA, and positive patients were regarded as HBV-positive cases. Patients positive for 2nd-generation HCV antibody and those from whom HCV-RNA was detected by a PCR method were regarded as HCV-positive cases. As a result, 6 patients were found to be positive for both HBV and HCV (BC group), 26 were found to be only for HBV (B group), 199 were found to be positive only for HCV (C group), and 22 were found to be negative for both HBV and HCV (NBNC group). Clinical features and etiologic factor differed between the B and C groups at the time of diagnosis. Etiologic factors differed between male and female patients. When prognoses of small hepatocellular carcinomas were analyzed using Cox's proportional hazard model, the B group and patients with severe concomitant liver damage were found to have poor prognoses, and the B group and patients having multiple lesions at the time of diagnosis were associated with a high risk of recurrence. From these results, it was clearly proved that clinical features and prognoses greatly differed between the B and C groups

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027513
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.2 page.133-140 (1995)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216450.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

534 times.


Search
Related Materials in




肝細胞癌
背景因子
予後
B型肝炎ウイルス(HBV)
C型肝炎ウイルス(HCV)