Back
胆嚢炎を繰り返し腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した小児胆石症の1例   :   Laparoscopic Cholecystectomy for Cholelithiasis in a Child with Recurrent Episodes of Cholecystitis. 

作成者 越部, 融, 村松, 俊範, 田中, 寿一, 土屋, 俊一, 山口, 敏広
作成者 (ヨミ) コシベ, トオル, ムラマツ, トシノリ, タナカ, トシカズ, ツチヤ, シュンイチ, ヤマグチ, トシヒロ
作成者の別表記 KOSHIBE, Toru, MURAMATSU, Toshinori, TANAKA, Toshikazu, TSUCHIYA, Shunichi, YAMAGUCHI, Toshihiro
キーワード等 腹腔鏡下胆嚢摘出術, 胆石症, 小児
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 今回, われわれは腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した6歳女児の胆石症の1例を経験した。腹痛を主訴に来院し, 胆石症及び胆嚢炎の診断にて内科的治療を施行した。その後同様の発作を2回繰り返したために, 外科的治療の適応となり腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した。気腹はopen techniqueにて行い, 気腹圧は8mmHgであった。術中特に問題は起こらず, 術後病1日から経口開始となり疼痛対策も特に行わずに経過した。腹腔鏡下胆嚢摘出術の小児症例への応用は, 文献上も各施設で施行されており, 大きな合併症は報告されてはいない。しかし, 小児用の器具が開発されていないために, 器具の操作性等に問題があり, 今後の検討課題であると考えられた。
Laparoscopic cholecystomy has been quickly replacing traditional cholecystectomy as a standard approach to treating cholelithiasis not only in adults but in children. We report a case of laparoscopic cholecystectomy for cholelithiasis in a 6-year-old girl. The patient had recurrent episodes of cholecystitis. In order to relieve the symptoms, laparoscopic cholecystectomy was performed. There was no intraoperative problem related to insufflation or operative technique. The postoperarive course was uneventful and the patient was able to resume normal diet and activity quickly as well as in adults. In performing laparoscopic cholecystectomy, special considerations is needed especially to the discrepancy between the length of the instruments and the size of the peritoneal cavity.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027515
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.2 page.151-156 (19950000)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216452.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

577 times.


Search
Related Materials in




腹腔鏡下胆嚢摘出術
胆石症
小児