Back
小児門脈圧亢進症患児の自家脾部分移植片の生着動態を脾シンチグラフィでfollowし得た1例   :   Detection of Autotransplanted Spleen with ^<99m>Tc-labelled Splenic Scan in a Splenectornized Portal Hypertention Child. 

作成者 江東, 孝夫, 真家, 雅彦, 村松, 俊範, 岡田, 忠雄, 明妻, 人夫
作成者 (ヨミ) エトウ, タカオ, マイエ, マサヒコ, ムラマツ, トシノリ, オカダ, タダオ, アケズマ, クニオ
作成者の別表記 ETOH, Takao, MAIE, Masahiko, MURAMATSU, Toshinori, OKADA, Tadao, AKEZUMA, Kunio
キーワード等 小児門脈圧亢進症, 脾摘術, 自家脾移植術, ^<99m>Tcスズコロイド, 脾シンチグラフィ
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 2歳男児の門脈圧亢進症(以下門亢症)に対し, 食道胃血行郭清兼脾植術, 自家脾移植術を施行し, 術後, 移植した脾臓の部分移植片の生着を^<99m>Tcスズコロイドによる脾シンチグラフィでfollowした。すなわち, 移植脾臓片は術後2週では描出されず, 術後8週にようやく描出され, 15週目には移植片4個のうち2個が生着し, 経過観察し得た術後20週目まで生着していると思われる。また, 術後20週目までの肝脾シンチグラフィにおける肝左葉に対する脾へのRIの集積率をみると移植片の描出が15週日に6.76%とピークになっており, ^<99m>Tcスズコロイドによる脾シンチグラフィが脾臓の部分移植片の生着の可否, およびその動態を確かめる手段として極めて有用な画像検索法であると思われる。
In order to preserve immunological function, splenic autotransplantation after paraesophagogastric devascularization and splenectomy was successfully performed in a two-year-old boy with extrahepatic portal hypertention. After surgical procedure, we can confirm autotransplanted spleen at 8 weeks radiocolloid localization of Sn Scintiscan. This suggest that ^<99m>Tc splenic scan is very useful to detect the autotransplanted splenic tissue at intervals.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027624
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.3 page.221-224 (19950000)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216562.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

773 times.


Search
Related Materials in




小児門脈圧亢進症
脾摘術
自家脾移植術
^<99m>Tcスズコロイド
脾シンチグラフィ