Back
びまん性肺疾患のHigh Resolution CT撮像および表示の適性条件の検討   :   Evaluation of Optimal HRCT Technique and Image Optimization. 

作成者 松迫, 正樹
作成者 (ヨミ) マツサコ, マサキ
作成者の別表記 MATSUSAKO, Masaki
キーワード等 High Resolution CT, Diffuse infiltrative lung disease, CT technique
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 びまん性肺疾患の画像診断に際して, 二次小葉レベルの微細な病変の評価にはHigh Resplutipn CT (HRCT)が不可欠となってくる。このHRCTの種々の要素について, 適性な条件を検討した。方法は, JISファントムに加えて, 今回新たに考案・作製したいくつかのファントムにより, 主にcollimation, reconstruction algorithm, targeted reconstruction, kVp/mAの4つの要素について, 実験的・客観的検討を行った。さらに, 臨床例や病理標本を用いて撮像条件に加えて表示条件の比較検討も行った。HRCTの適性な条件は以下のように考える。CT装置の公示スライス厚は実際より薄くなっているが, 適性スライス厚は実効スライス厚で2mm前後と考える。再構成関数については, 高空間周波数アルゴリズムを用いる。ただし, CT装置によって再構成関数の特性が異なるので, その特性を把握することが重要である。FOVを小さくすること(targeting)は必ずしも必要ない。むしろ, 1つ1つの画像を大きく表示し, 1画像内に両肺を含めた方が病変の拡がりもみやすい。thin collimationで撮像することによる小結節性病変の見落としを避ける意味では, ルーチン撮影の後HRCTをいくつかの部位で追加するのがよいが, 急性病変では, はじめからHRCTでもよい。その際の被曝量はルーチンCTよりかなり少なくなる。ウィンドウ幅は, 1500〜2000HUと広くとり, レベルを-500〜-650HUに設定すれば, 診断に適さない画像が作製されることはまずないと考えられる。
High-Resolution CT (HRCT) has nowadays become mandatory in evaluation of diffuse infiltrative lung diseases. The purpose of this study is to find the optimal conditions in each of the essential parameters of HRCT technique as well as in image photography. Using standard phantom (JISZ4923) and newly developed phantoms including one simulating honeycombing of pulmonary fibrosis, essential parameters such as collimation, reconstruction algorithm, targeted reconstruction and kVp/mA were evaluated in experiments. Clinical images were also analyzed in various conditions of each parameter. In addition, comparison was made between HRCT images and macroscopic view of sliced lung specimen of pulmonary fibrosis. In conclusion, thin collimation is essential for HRCT. Proper slice thickness is considered to around 2mm. High-spatial-frequency reconstruction algorithm increases spatial resolution, but it is necessary to know the characteristic of the algorithm of your own scanner. Targeted reconstruction is not essential factor and it is practical to display bilateral lungs in a larger image without targeted reconstruction but with magnification. Wider window width (1500-2000HU) is preferred with window level of -650〜-500HU, unless you have special desire to pick up minor emphysematous changes.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027784
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.4 page.287-305 (1995-08-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213870.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

830 times.


Search
Related Materials in




High Resolution CT
Diffuse infiltrative lung disease
CT technique