Back
最近の肥厚性幽門狭窄症の臨床像と治療について   :   The Recent Clinical Features and Therapy of Hypertrophic Pyloric Stenosis. 

作成者 江東, 孝夫, 真家, 雅彦, 吉野, 薫, 末吉, 智博
作成者 (ヨミ) エトウ, タカオ, マイエ, マサヒコ, ヨシノ, カオル, スエヨシ, トモヒロ
作成者の別表記 ETOH, Takao, MAIE, Masahiko, YOSHINO, Kaoru, SUEYOSHI, Tomohiro
キーワード等 肥厚性幽門狭窄症, 小児外科症例, 低クロール性アルカローシス, Ramstedt粘膜外幽門筋切開術
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 '88年10月開院以来, 6年4ヵ月の間に肥厚性幽門狭窄症(以下本症)60例を加療した。男児45例, 女児15例であった。全症例が噴水状の嘔吐を呈して来院した。血清電解質ではNa, K値は正常範囲であった。一方Cl値は90mEq/l以下が10例あったが, 平均では97.6±9.64mEq/lとさほど低クロール値を示さなかった。また血液ガスではpHが7.712, base exess (BE):25.3と高いアルカローシスを示す症例もあったが, 平均ではpH:7.451±0.08, BE:4.11±6.59であった。本症の診断法として, 上部消化管造影で幽門腫瘤を呈するstring sign或いはumbrella signが用いられるが, 近頃では, 侵襲の少ない超音波像を第一検索法としており, 長軸像の幽門腫瘤のshoulder signと横断像の厚い幽門筋層の腫瘤が描出される。最近は主として, 腹部触診でのオリーブ様腫瘤触知と超音波検査で行なっている。近年, 小児科医の本疾患に対する認識の向上に伴い早期に紹介される例が多く従来の様な重症な低クロール性代謝性アルカローシス症例は少なく, Ramstedt手術後は症状も軽快し順調な体重増加が得られ, 入院期間も7.4日と短く本症は愚見のQOLの面からも外科的加療で良好な成績が得られた。
Sixty infants with hypertrophic pyloric stenosis (HPS) were treated at our Institution during recent six years and four months. Their age distributions were neonates 20 and infants 40 cases. The days from the onset of vomiting to admission were almost within two months with a mean of 19.7 days. It was found that the duration of vomiting becomes shorter year by year, which seemed to be associated with the changes of clinical features. Meam serum electrolytes and blood gas analysis values at admission were as follows: sodium 137.4±2.6 mEq/l, potassium 4.8±0.8mEq/l, chloride 97.6±9.64mEq/l, pH 7.451±0.08 and base excess 4.11±6.59. Althogh a few infants showed hypochloremia and metabolic alkalosis, many had normal values in serum electrolytes and blood gas analysis. The most useful diagnostic test for HPS are the palpation of a pyloric tumor and an ultrasound test which depicts the presence of a shoulder sign and thickened the pyloric muscle. Ramstedt's operation should be selectively performed after serum electrolytes values were returned to normal. The present study on our cases of HPS showed that the abnormalities in serum electrolytes and blood gas analysis are less remarkable than those reported by the previous studies due to the shortening of the duration of vomiting period.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027788
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.71 no.4 page.315-318 (19950801)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213874.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

687 times.


Search
Related Materials in




肥厚性幽門狭窄症
小児外科症例
低クロール性アルカローシス
Ramstedt粘膜外幽門筋切開術