Back
台所の生化学 : その4, 甘味料について   :   Culinary Biochemistry : IV. Why Should Sugar Be Restricted in Diabetic Patients? 

作成者 三浦, 義彰, 斉田, 直美, 橋本, 洋子
作成者の別表記 MIURA, Yoshiaki, SAIDA, Naomi, HASHIMOTO, Yoko
キーワード等 糖尿病, フルクトース, α-グルコシダーゼ阻害薬, グルセミック・インデックス, 栄養学
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 古代社会の甘味料は蜂蜜であった。パプアニューギニアで蔗糖が発見されたのは新石器時代のことであるが, 中世になってインド経由でヨーロッパや日本にも伝来している。しかし, 蔗糖の伝来以前から糖尿病は存在していた。糖尿病の患者数は文明の発達, 特に砂糖の消費量の増加に比例して増加し, 南太平洋諸島では急激な食品の文明化につれて患者数は激増している。砂糖の消費の増加によってフルクトースの摂取が増し, これが肝臓で脂肪合成を促進, 高脂血症をおこして糖尿病の増悪を招くものと思われる。本文では医薬品以外の食品や清涼飲料水中の糖の含量, 最近の人工甘味料などについて述べ糖尿病患者への指針とした。
The number of the patients of noninsulin-dependent diabetes mellitus is now tremendously increasing in Japan. The major therapeutic regimen is regulated of total calories of food, especially calories from carbohydrate. Among starch and sugars, total amount of cane sugar is most strongly restricted. The reason why cane sugar is restricted is based on the fact that fructose may converted in the liver to fat which causes hyperlipidemia in NIDDM. Thus, the authors discussed mostly on the amount of fructose in foods and beverages.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027956
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.72 no.1 page.7-11 (1996-02-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216868.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

478 times.


Search
Related Materials in




糖尿病
フルクトース
α-グルコシダーゼ阻害薬
グルセミック・インデックス
栄養学