Back
大動脈弓最終枝としての右鎖骨下動脈の1例   :   An Anomalous Case of the Right Subclavian Artery as the Last Branch of the Aortic Arch 

作成者 松野, 義晴, 小宮山, 政敏, 嶋田, 裕
作成者 (ヨミ) マツノ, ヨシハル, コミヤマ, マサトシ, シマダ, ユタカ
作成者の別表記 MATSUNO, Yoshiharu, KOMIYAMA, Masatoshi, SHIMADA, Yutaka
キーワード等 subclavian artery, aortic arch, variation, human
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 千葉大学医学部における1996年の解剖学実習において, 右鎖骨下動脈が大動脈弓の最終枝として分枝する1例(男性, 83歳)に遭遇したので報告する。本例では大動脈弓から, 右総頸動脈, 左総頸動脈, 左鎖骨下動脈, 右鎖骨下動脈がこの順に分枝していた。右鎖骨下動脈は食道と脊柱の間を右上方に走り, 食道後壁に圧痕をつくっていた。右反回神経は存在せず, これに相当する枝は迷走神経から直接分枝していた。本例はAdachiの大動脈弓分枝型の分類でG型に, Adachi-Williams-中川-竹村の分類でもG型に, またHolzapfelの分類では5型に相当する。
An anomalous case of the right subclavian artery was found in a Japanese cadaver during dissection practice at Chiba University School of Medicine in 1996. In this case, the right subclavian artery arose from the posterior wall of the aortic arch as its last branch, and ran rightwards between the esophagus and the vertebral column. This case belongs to type G of the Adachi-Williams-Nakagawa-Takemura classification of aortic arch branching patterns.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00028807
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.72 no.5 page.315-317 (19961001)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004219421.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

896 times.


Search
Related Materials in




subclavian artery
aortic arch
variation
human