Back
台所の生化学 : その5. 筋肉を強くする食事   :   Culinary Biochemistry : V. Diet to Increase Muscular Glycogen. 

作成者 三浦, 義彰, 斉田, 直美, 橋本, 洋子
作成者の別表記 MIURA, Yoshiaki, SAIDA, Naomi, HASHIMOTO, Yoko
キーワード等 窒素平衡, Glycogen loading, Nibbling, Gorging, Glycemic index, 栄養学
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 明治9年に来日したBaelzは, 日本人学生の体格が悪いのは牛肉などの獣肉を食べず, またスポーツをしないから筋肉が発達しないのだと主張した。それ以来, 日本人の間には筋肉を強くするには, 動物性タンパク質に富む高タンパク食をとり, 運動をするのがよいという概念が根強い。しかし, 成人では窒素平衡が保たれているから, ある程度以上多量のタンパク質を食べても, 体のタンパク質は増えない。筋肉を太く, 強くするには筋肉の運動をしながら, 糖質を主とする食事をとって, 筋肉のグリコーゲンを増すのが大切である。近年のスポーツ生理学の研究はどのような食事のとり方が, 最も効率よく筋肉グリコーゲンを増すことが出来るかということに集中している。こういった研究がオリンピック・ゲームなどの選手の強化につながる筈である。
Even now, many Japanese believes that high protein diet is suitable for muscle building. This might be originally based upon Elwin Baelz (1849-1913)'s false suggestion that beef protein would be the best source to build human muscle. Thus, a Judo champion recently demonstrated proudly his diet menu including 300g of protein per day to build up his strong muscle. Today, modern athletic trainers recommend a high carbohydrate diet for glycogen loading. Among the new theories for glycogen loading, the authors would like introduce two methods for greater storage of muscle glycogen: one is taking high carbohydrate food with high glycemic index and other, frequent feeding (nibbling) of food.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00028885
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.72 no.6 page.371-377 (1996-12-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004217421.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

863 times.


Search
Related Materials in




窒素平衡
Glycogen loading
Nibbling
Gorging
Glycemic index
栄養学