Back
台所の生化学 : その6. 食品中のプリン化合物について   :   Culinary Biochemistry : VI. Uric Acid : Its Origin and Function. 

作成者 三浦, 義彰, 斉田, 直美, 橋本, 洋子
作成者の別表記 MIURA, Yoshiaki, SAIDA, Naomi, HASHIMOTO, Yoko
キーワード等 プリンに富む食品, 尿酸の起原, 高尿酸血症, 抗酸化作用, 栄養学
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 食品中のプリン化合物は腸壁を通過できないという説と, 少しは通過出来るという説とある。もし前者の説が正しければ, 高尿酸血症の人にプリンの少ない食事を勧めても意味は少ない。著者等の試算によると体内の核酸の異化によって生じる尿酸は1日僅か170mg位で, 尿中の尿酸排出量に満たない。普通の食事から生じる尿酸は1日600mgであるから, 両者の和が体内の尿酸プール(1200mg)の大部分を形成し, プール中から600mgほどが尿に尿酸として排出されているのではなかろうか。また食事にRNAを4g添加して, 食事中のプリン量を増してみると, 正常人は尿内に尿酸の排出が増えるが, 痛風患者では尿への尿酸の排出はさして増えずに, 体内にプリン化合物を蓄積する傾向がみられる。それゆえ, 高尿酸血症のある人はやはりプリンの多い食事はなるべく控えた方がよい。
Among the past research reports, there are opposite results on the passage of ingested purines through intestinal wall: one report says that pyrimidine nucleoside (but not purine) is absorbed by intestinal wall. The other insists that purine can enter into body through intestine. Thus, the authors calculated the amount of uric acid produced by cell nucleic acid catabolism as well as the amount of uric acid issued from food containing purine. The former is around 170mg per day, and the latter, roughly 600mg per day. Thus, it seems that the amount of food purine may contribute mostly uric acid formation in the body.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00028960
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.73 no.1 page.7-12 (1997-02-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214259.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

433 times.


Search
Related Materials in




プリンに富む食品
尿酸の起原
高尿酸血症
抗酸化作用
栄養学