Back
扁桃核キンドリングモデルの大脳皮質におけるNMDA受容体サブユニットmRNA発現の変化   :   Changes in N-Methyl-D-Aspartate Receptor Subunit mRNA Expression Level in the Cerebral Cortex of Amygdaloid-Kindled Rats 

作成者 菊池, 周一, 岩佐, 博人, 佐藤, 甫夫
作成者 (ヨミ) キクチ, シュウイチ, イワサ, ヒロト, サトウ, トシオ
作成者の別表記 KIKUCHI, Shuichi, IWASA, Hiroto, SATO, Toshio
キーワード等 Glutamate, NMDA receptor subunit, mRNA, Kindling, Epilepsy
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 興奮性アミノ酸受容体, 特にNMDA受容体を介する神経伝達はてんかんの病態の種々の側面において重要な役割を果たしていることが知られている。しかし, てんかん原性獲得機構においてNMDA受容体の分子生物学的メカニズムについては未だ詳細が不明である。本研究ではてんかん原性獲得過程および発作発現機構におけるNMDA受容体の意義を解明するために, キンドリングてんかんモデルを用いて大脳皮質における各サブユニットのmRNA発現の変化を検索した。Sprague-Dawley ratを用い左扁桃核にて電気キンドリングを行い, 後発射が3回出現した後24時間の時点(PK群)および全般発作が連続10回出現した後24時間(FK群)の各時点において大脳皮質におけるNMDA受容体各サブユニット(NMDAR1, 2A-2D) mRNA発現の変動をノーザンブロット法を用いて分析した。その結果, NMDAR1は4.2kbおよび4.4kb, 2Aは12kb, 2Bは15kb, 2Cは6.0kb付近に明瞭なバンドが検出された。2Dはいずれの群においても検出されなかった。PK群はRacineの発作発展段階のclass 1-2の部分発作を呈した。PK群の大脳皮質においてNMDAR1 mRNA発現は刺激側(22.8±5.8%, P<0.05)のみならず非刺激側(29.4±8.8%, P<0.05)においても有意な増大が認められた。また全般発作を呈したFK群の大脳皮質においても両側でNMDAR1 mRNA発現の著明な増大が認められた(刺激側, 43.0±18.8%, P<0.05, 非刺激側, 37.3±15.5%, P<0.05)。NM-DAR2A-2DmRNA発現はPK群およびFK群のいずれにおいても有意な変動を認めなかった。以上の結果から, 発作発展段階および全般発作発現後においてNMDAR1 mRNA発現の増大が認められたことは, NMDAR1蛋白質の発現がup-regulationされている可能性を示唆しており, キンドリング現象における発作発現およびてんかん原性獲得の各
To clarify the molecular mechanisms of acquisition of epileptogenesis, we have examined changes in N-methyl-D-aspartate receptor subunit (NMDAR 1, 2A, 2B, 2C, and 2D) mRNA levels expressed in cerebral cortex of amygdaloid kindled rats using northern blot analysis. The NMDAR1 mRNA level was elevated significantly in bilateral cerebral cortex 24 hours after the induction of partial seizure compared with that in control group. The significant increase in NMDAR1 mRNA level was also found in bilateral cerebral cortex 24 hours after ten consecutive generalized seizures. mRNA levels of NMDAR2A, 2B, 2C, and 2D subunits were unchanged in all groups. These results showed that the expression of NMDAR1 subunit mRNA is up-regulated in cerebral cortex both during the development of kindling and over the interval after the generalized seizure. The present study suggests that the increase in NMDAR1 expression level is closely related to the basic mechanisms of acquisition process of epileptogenesis and the seizure generation in the kindling model of eplilepy.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00028962
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.73 no.1 page.25-31 (19970201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214261.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

785 times.


Search
Related Materials in




Glutamate
NMDA receptor subunit
mRNA
Kindling
Epilepsy