Back
組換え酵母を用いたB型肝炎ウイルスの電子顕微鏡学的研究   :   Electron Microscopic Study on Hepatitis B Virus Using Recombinant Yeast Systems. 

作成者 山口, 正視
作成者の別表記 YAMAGUCHI, Masashi
キーワード等 B型肝炎ウイルス, コア粒子, 表面抗原粒子, 酵母, 急速凍結法
日本十進分類法 (NDC) 467.25, 490
内容 組換えDNA技術を用いて, B型肝炎ウイルス(HBV)のコア抗原および表面抗原遺伝子がクローニングされ, それぞれ酵母で発現させることに成功している。これらの系を用いて種々の電子顕微鏡学的研究を行った。酵母から単離したコア粒子は, ネガティブ染色法で, 直径が平均31nmの球状の粒子で, 多くのサブユニットからなることがわかった。この形態はヒト由来のものと一致する。氷包理法では, 直径が平均28nmで球状の中空の粒子として観察された。酵母から精製した表面抗原は, ネガティブ染色法で直径が平均27.5nmの球状または短い棒状の粒子として, 氷包理法で直径が平均23.7nmの袋状の粒子として観察された。これらはヒトプラズマ由来のものより大きいことがわかった。コア抗原を発現している酵母を凍結置換固定後, 超薄切片法で観察すると, 直径約21nmの球状のコア粒子が核と細胞質に局在していた。このコア粒子の形態および細胞内局在は, HBVに感染したヒトの肝細胞で見られるものと一致する。コア抗原蛋白質が細胞内のどこで会合して直径21nmのコア粒子を形成するかを調べるために, コア抗原の合成を誘導できる酵母の株を開発した。コア抗原合成誘導後, 一定時間ごとに細胞を急速凍結し, 超薄切片法を用いて会合したコア粒子の細胞内分布を解析した。その結果, 細胞質のリボソーム上で合成されたコア蛋白質は校内に移送され, ここで会合してコア粒子を形成すること, コア粒子はさらに核孔を通って細胞質に移行することがわかった。コア蛋白質に核局在配列が存在する事実とも合わせて考えると, コア粒子の核内形成がヒトの肝細胞でもおこっていると思われる。
By recombinant DNA techniques, genes coding for hepatitis B.virus (HBV) core and surface antigens have been cloned and successfully expressed in yeast. Using these systems, several electron microscopic studies were carried out. HBV core particles isolated from yeast cells were spherical, had an average diameter of 31nm, and consisted of many subunits by negative staining method. These structures were similar to those isolated from human liver. By ice embedding method, core particles appeared spherical and had an average diameter of 28nm. HBV surface antigens purified from yeast appeared sphrical, and consisted of many subunits by negative staining. By ice embedding, they appeared sacs with an average diameter of 23.7nm. They were found to be bigger than surface antigens from human plasma. Yeast cells expressing HBV core antigen were found to accumulate many core particles in both the nucleus and the cytoplasm by ultrathin sectioning after freeze-substitution. To examine where core polypeptides assemble into core particles in a cell, an yeast strain in which synthesis of core polypeptide is inducible was developed. At regular intervals after indution, cells were cryo-fixed and processed for electron microscopy by ultrathin sectioning, and analysed for distribution of assembled core particles in cells. It was found that core polypeptides synthesized on ribosomes in the cytoplasm moved into the nucleus, assembled there to form core particles, and transported back to the cytoplasm through nuclear pores. A similar mechanism might be expected in human hepatocyte.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029003
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.73 no.2 page.53-59 (1997-04-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004217507.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

433 times.


Search
Related Materials in




B型肝炎ウイルス
コア粒子
表面抗原粒子
酵母
急速凍結法