Back
同種骨髄移植後の血小板数の回復遅延に関する臨床的研究   :   Persistent Thrombocytopenia after Allogeneic Bone Marrow Transplantation. 

作成者 池上, 智康
作成者の別表記 イケガミ, トモヤス, IKEGAMI, Tomoyasu
キーワード等 同種骨髄移植, 血小板数回復遅延, 同種血小板抗体, thrombopoietin
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 1986年6月から1996年3月まで同種骨髄移植を施行した76例を対象とし, 同種骨髄移植後の血小板数の回復遅延とそれに関与する因子について検討を行った。移植後60日を経過後, 血小板数が10×10^4/μlに満たない症例を血小板数の回復遅延群とした。回復遅延群の頻度は25/76(33%)であり, 生存率は非遅延群に比べ, 遅延群において有意に低く, 5年生存率は前者で60%, 後者で約35%と後者で不良であった(P<0.05)。臨床背景として, 移植時の年齢30歳以上, 再移植例, 移植細胞数3.0×10^8/kg未満の症例, grade III以上の重症の急性移植片対宿主反応病(GVHD)合併例で, それぞれ対象に比較して有意に血小板数の回復遅延が見られた(P<0.05)。また血小板数の回復遅延例(3例)と非遅延例(3例)について, 移植前後の血中thrombopoietin (TPO)を検討すると, 移植後全例で血中TPOは高値を示し, 非遅延例では血小板数の回復につれて血清中のTPOは低下しほぼ正常範囲まで低下したが, 回復遅延例では高値が持続したことから, 血小板数の回復遅延例では血中TPOの産生は障害されておらず, むしろ亢進していると考えられた。ドナー血小板に対する同種抗体陽性例では血小板回復が有意に遷延していた(P<0.05)。以上より, 同種骨髄移植後の血小板数の回復遅延例の予後は不良であることが明らかとなり, その背景因子として, 年齢, 移植回数, 移植細胞数およびドナー血小板に対する同種抗体が関与することが明らかになった。
We examined 76 cases who underwent allogeneic bone marrow transplantation (allo-BMT) at Chiba University Hospital from 1986 to 1996, and studied the factors related to the persistent thrombocytopenia after allo-BMT. Persistent thrombocytopenia was defined as platelet counts below 10×10^4/μl at day 60 after allo-BMT. The frequency of persistent thrombocytopenia was 33-0x1.fa0cp+0nd 5 year survival was significantly worse than patients without thrombocytopenia (P<0.05). As a clinical back ground, age over 30 years, second BMT or transfused cell counts below 3.0×10^8/kg were thought to be significant factors for persistent thrombocytopenia. Serum thrombopoietin (TPO) levels were higher than normal in patients with persistent thrombocytopenia. TPO generation was thought to be accelerated, and not to be disturbed in these patients. Antiplatelet antibody to donor origin platelet was measured with flow cytometry and recipients with anti-platelet antibody tended to have persistent thrombocytopenia after allo-BMT. We conclude that patients with persistent thrombocytopenia after allo-BMT have a poor prognosis, and that age over 30 years, second BMT, transfused cell count below 3.0×10^8/kg and anti-platelet antibody to donor origin platelet are thought to be significant factors for persistent thrombocytopenia after allo-BMT.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029018
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.73 no.3 page.173-181 (19970601)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214315.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

612 times.


Search
Related Materials in




同種骨髄移植
血小板数回復遅延
同種血小板抗体
thrombopoietin