Back
HPV16型E6/E7遺伝子発現誘導が正常ヒト線維芽細胞に及ぼす影響の検討   :   Effects of Human Papillomavirus Type 16 (HPV16) E6 and E7 Proteins on Normal Human Fibroblast Cells. 

作成者 黄田, 光博, 清水, 久美子, 白澤, 浩, 清水, 文七, 磯野, 可一
作成者 (ヨミ) オオタ, ミツヒロ, シミズ, クミコ, シラサワ, ヒロシ, シミズ, ブシチ, イソノ, カイチ
作成者の別表記 OHTA, Mitsuhiro, SHIMIZU, Kumiko, SHIRASAWA, Hiroshi, SIMIZU, Busiti, ISONO, Kaichi
キーワード等 HPV16 E6/E7, immortalization, HMG-I(Y), c-myc, senescence
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 HPV16型E6/E7遺伝子発現を亜鉛により誘導可能な正常ヒト線維芽細胞を樹立し, HPV-16型E6/E7がヒト線維芽細胞に及ぼす影響を細胞学的及び分子生物学的に検討した。HPV-16型E6/E7の発現誘導による正常ヒト線維芽細胞の形態変化は観察されなかったが, E6/E7の発現誘導により, 細胞飽和密度の上昇が観察された。またマウス10T1/2細胞で観察されるE6のHMG-I(Y)発現への影響は, ヒト線維芽細胞では見いだされなかったが, E6/E7によりc-mycの発現が誘導されうることが明らかになった。この結果はE6/E7の細胞不死化に及ぼす過程を究明する上で有用であると考えられる。
Effects of human papillomavirus type 16 (HPV16) E6 and E7 proteins on normal, human fibroblast cells were investigated using E6/E7-genes-introduced human fibroblast cells, which express E6/E7 genes under the control of zinc-inducible human metallothionein IIA promoter. Although expression of E6/E7 induced no morphological change in TIG-3, the saturation density of E6/E7-expressing TIG-3 cells was increased. Up-regulation of HMG-I(Y) gene expression by E6 in mouse 10T1/2 cells was not observed in TIG-3 cells. However, the expression of c-myc was up-regulated by induction of E6/E7 expressions in TIG-3 cells. Theses cells will be useful for the eluciation of mechanisms underlying immortalization by HPV16 E6 and E7.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029019
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.73 no.3 page.183-190 (19970601)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214316.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1467 times.


Search
Related Materials in




HPV16 E6/E7
immortalization
HMG-I(Y)
c-myc
senescence