Back
白血病細胞におけるc-kit遺伝子発現の検討及び臨床応用   :   Clinical Use of Expression of the c-kit Gene on Leukemic Cells. 

作成者 西村, 美樹
作成者 (ヨミ) ニシムラ, ミキ
作成者の別表記 NISHIMURA, Miki
キーワード等 急性白血病, 細胞の分化段階, 系統, c-kit, RT-PCR, Flow cytometry
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 c-kit遺伝子は初期造血に重要な役割を果たしているレセプター型チロシンキナーゼをコードしている。このc-kit遺伝子の発現は骨髄細胞性, 巨核芽球性白血病細胞から樹立した細胞株で検出され, それらの細胞の分化とともに減少した。c-kitレセプター蛋白の発現はFlow cytometryを用いた解析で, 遺伝子の発現と相関する結果が得られた。急性の造血器悪性疾患40例の細胞からRT-PCRを用いてその発現を検討したところ, 未分化なタイプの白血病(FABのM1, M2)に強く検出され, リンパ球系の細胞からは検出されなかった。このように細胞におけるc-kit遺伝子や, その蛋白の発現を検討することは, その細胞の分化段階, 系統を決定するうえで有用であり, 白血病の診断, 予後の決定, 治療法の選択等に重要な情報となることを推測させる。
The c-kit proto-oncogene encode a receptor tyrosine kinase that is considered to play an important role in hematopoiesis, especially at early stage. The expression of proto-oncogene c-kit was detected in human cell lines derived from leukemic cells of myeloid and megakaryocytic lineages and decresed depending on cell differentiation. The amount for c-Kit receptor protein on cells was analyzed by flow cytometry, and correlated with the level of its gene expression estimated by RT-PCR. The expression on the cells of patients with immature phenotype of acute myelogeneous leukemia (FAB M1 and M2) was high and was not detected on cells of lymphoid malignancies. Thus, the detection of c-kit gene or protein on leukemic cells was useful for determinination of the stage of differentiation and the lineages of cells and for diagnosis of leukemia, estimate of its prognosis, and the selection for treatment.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029132
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.73 no.5 page.263-270 (1997-10-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004217527.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

574 times.


Search
Related Materials in




急性白血病
細胞の分化段階
系統
c-kit
RT-PCR
Flow cytometry