Back
経カテーテル動脈塞栓術における抗癌剤リピオドール無水懸濁液の有用性の検討   :   Studies on Water-Free Carboplatin-Epirubicin-Lipiodol Suspension for Transcatheter Arterial Embolization 

作成者 尾崎, 正時
作成者 (ヨミ) オザキ, マサトキ
作成者の別表記 OZAKI, Masatoki
キーワード等 transcatheter arterial embolization, hepatocellular carcinoma, water-free suspension, carboplatin, epirubicin
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 本研究は, 水分を含まないカルボプラチンとエピルビシンの, リピオドール懸濁波の作成法を考案し, 末梢血中への薬剤漏出速度の測定を目的とした。まず, 本法で作成した無水懸濁液と従来の含水懸濁波について, 薬剤溶出率を日本薬局方パドル法にて検討した。従来の含水懸濁液は測定開始直後から, 90%をこえるカルボプラチンの溶出を認めた。一方, 本研究で作成した無水懸濁波は, 投与後2時間で徐々に溶出した。どちらも2時間後には溶出がプラトーに達した。エピルビシンでも同様に, 初期2時間の溶出率は, 水分を含まないもので低かった。その後は両者ともほぼ同じ速度で徐々に溶出した。臨床例において, 末梢血液中に漏出するプラチナ量を, 無水懸濁液と含水懸濁液で比較したところ, 前者のほうが有意に低かった。本法で作成した抗癌剤リピオドール無水懸濁液は, 末梢血液中への抗癌剤の漏出が少なかった。このことは, 腫瘍組織への集積が高いことを示し, 従来の方法より優れていると考えられた。
This study was performed to determine the usefulness of water-free carboplatin-epirubicin-lipiodol suspension as the compound of transcatheter arterial embolization (TAE). This compound was prepared by the self-developed method. The releasing ratio of carboplatin from the suspension was determined in physiological saline in vitro. The concentration of carboplatin in physiological saline increased slowely and reached the maximum level by 2 hours in the water-free suspension, compared with the water-contained one. The releasing ratio of epirubicin from water-free suspension was also lower than that from water-contained one, especially in early 2 hours. The plasma carboplatin levels of the water-free suspension were statistically lower than those of the water-contained one. These levels might depend on the releasing rate from the suspension during the TAE procedure. The water-free carboplatin-epirubicin-lipiodol suspension might be better for TAE of hepatocellular carcinoma, compared with the other suspensions, because of smaller release of the anti-cancer drugs in the blood.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029133
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.73 no.5 page.271-277 (1997-10-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004217528.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

608 times.


Search
Related Materials in




transcatheter arterial embolization
hepatocellular carcinoma
water-free suspension
carboplatin
epirubicin