Back
肉腫への分化を伴う肝細胞癌と胃癌の同時性重複癌の1切除例   :   A Resected Case of Simultaneous Double Cancer of Gastric Cancer and Hepatocellular Carcinoma with Sarcomatous Differentiation. 

作成者 山崎, 将人, 渡辺, 義二, 唐司, 則之, 佐藤, 裕俊, 窪沢, 仁
作成者の別表記 ヤマザキ, マサト, YAMAZAKI, Masato, ワタナベ, ヨシジ, WATANABE, Yoshiji, トウノス, ノリユキ, TOUNOSU, Noriyuki, サトウ, ヒロトシ, SATO, Hirotoshi, クボサワ, ヒトシ, KUBOSAWA, Hitoshi
キーワード等 胃癌, 肝癌, 肉腫への分化, 同時性重複癌
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 症例は51歳男性。右上腹部痛, 腹部圧迫感を主訴として来院した。画像診断では肝右葉から腎にいたる径15cm大の一部石灰化を伴う嚢胞性腫瘍をみとめた。吸引細胞診では, 悪性所見は得られなかった。上部消化管検査にて胃体部小弯に陥凹性病変を認め, 生検にて管状腺癌の診断であった。以上より胃癌及び腎浸潤を伴う肝腫瘍の診断にて, 平成5年5月20日手術を施行した。腹水, 肝硬変はなく, 肝右葉から右腎にかけ小児頭大の腫瘍を認め, 結腸と右腎に直接浸潤していた。手術は肝右葉切除, 右腎摘出, 胆嚢摘出, 右半結腸切除, 胃全摘術を施行した。病理組織学的に胃の体部小弯に7.5×5.0cm大のIIc様病変があり中分化型腺瘍であった。肝は出血壊死による嚢胞を伴う白色充実性の腫瘍で, 大部分は異型な紡錘形細胞により占拠され平滑筋肉腫様であったが, 腎浸潤部の一部に典型的な中分化型肝細胞癌をわずかに認めた。紡錘形細胞と肝細胞癌の間に明らかな移行像は認められなかった。紡錘形細胞部での免疫組織染色ではEMA(-), ケラチン(-), アクチン(+), ビメンチン(-), S-100蛋白(-)で, 肉腫への分化を伴う肝細胞癌と診断した。術後経過は良好にて退院したが, 同年11月7日肝転移, 大動脈周囲リンパ節転移, 雨肺転移のため死亡した。文献によると, 初診時より肉腫への分化が優位である肝癌はまれで, 早期に様々な転移をきたし良後不良な疾患であった。
A 51-year-old-man was admitted to our hospital because of right upper epigastralgia and abdominal fullness. A cystic tumor with calcifcation, 15cm in size located in the right hepatic lobe invading the right kidney. A percutaneous cytology failed in diagnosis. An upper gastrointestinal exmination revealed gastric cancer locating in the lesser curvature. Right hepatic lobectomy, right nephrectomy, cholecystectomy and total gastrectomy were performed on 20th May 1993. Histologically, the gastric cancer was a moderately differenciated adenocarcinoma, 7.5cm in size. The hepatic tumor cells looked like spindle shape like a sarcoma, but typical hepatocellular carcinoma was also seen in the invasive area to the right kidney. There was no transitional form between sarcomatous cells and typical hepatocellular carcinoma. Immunohistochemically, sarcomatous cells were found to be negative to EMA, Keratin, Vimentin and s-100 protein except for Actin. Therefore we diagnosed hepatocellular carcinoma with sarcomatous differentiation. The post operative course was unevetful. The patient died of recurrence of the tumor in the liver, lungs and para-aortic lymph nodes on 7th November, 1993.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029260
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.73 no.6 page.345-350 (1997-12-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004217664.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

617 times.


Search
Related Materials in




胃癌
肝癌
肉腫への分化
同時性重複癌