Back
内視鏡下超音波ドップラー法を用いた内視鏡的食道静脈瘤硬化療法効果判定   :   Usefulness of Endoscopic Doppular Ultrasonography for Evaluation of Endoscopic Injection Sclerotherapy. 

作成者 田中, 元
作成者の別表記 TANAKA, Hajime
キーワード等 内視鏡下超音波ドップラー法, 食道静脈瘤血流速度測定, 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法, 静脈瘤早期再発
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EIS)の効果判定に際し, 治療後残存する潰瘍や粘膜浮腫が治療後早期の的確な効果判定を困難にしている。我々は独自に開発した内視鏡下超音波ドップラー法を用いて治療後早期に効果判定を行い, その後の経過を検討した。19例のEIS施行後症例において硬化療法施行後1週間後に効果判定を行い, 肉眼的には明らかな静脈瘤が存在しない11症例中6症例において血流波の残存が確認された。血流が消失した症例では6ヶ月以内の静脈瘤早期再発は認められなかったのに対して, 血流残存例では50%(3例)の症例において静脈瘤の6ヶ月以内早期再発を認めた。本法を用いた血流残存有無の判定は早期再発の予測方法として有用な方法と思われた。
We measured a blood flow from esophgeal varices using a new technique of endoscopic doppular ultrasonography before and after endoscopic injection sclerotherapy (EIS) in 19 cases. The blood flow of the varices was obtained in all cases before EIS using the device. One week after the end of EIS, no varices was found in 11 cases, however the remaining blood flow was detected in 6 cases among them. The reccurence of the esophageal varices occured in half of the 6 cases (50%), within 6 months. On the other hand, no recurrence was found within 6 months in cases with out the remaining blood flow. It was concluded that endoscopic doppular ultrasonography is a useful device to evaluate the blood flow of varices after EIS and to predict the early reccurence of esophageal varices.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029687
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.74 no.2 page.97-102 (1998-04-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218112.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

592 times.


Search
Related Materials in




内視鏡下超音波ドップラー法
食道静脈瘤血流速度測定
内視鏡的食道静脈瘤硬化療法
静脈瘤早期再発