Back
哺乳類のポリコームグループ(PcG)遺伝子群はB細胞において抗IgM抗体刺激後の初期応答に関与する   :   Mammalian Polycomb Group Genes Are Involved in Immediate Early Response to B-cell Receptor Stimulation with Anti-IgM Antibody 

作成者 長谷川, 正行
作成者 (ヨミ) ハセガワ, マサユキ
作成者の別表記 HASEGAWA, Masayuki
キーワード等 B cell receptor signalling, immediate early gene, Polycomb group gene, mel-18
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 ポリコームグループ(PCG)遺伝子はショウジョウバエにおけるホメオボックス遺伝子発現の調節因子として最初に報告された。哺乳類の相同遺伝子として, 現在までにmel-18, bmi-1, M33, rae-28の4遺伝子が代表例として知られている。これらの遺伝子は, ショウジョウバエとの類似から哺乳類のホメオボックス遺伝子発現の調節因子としてだけでなく, B細胞の分化や増殖に作用を及ぼしている。本研究では, これら4つの哺乳類のPCG遺伝子がB細胞において抗原刺激後の初期に誘導されることを示した。哺乳類のPCG遺伝子が初期応答に関与している可能性があり, B細胞活性化の調節機構の研究にとって, 意義深いものとなると考えられる。
Polycomb group (PcG) genes were initialy described in Drosophila melanogaster, while mel-18, bmi-1, M33, and rae-28, are known to date as representative mammalian homologues. Mammalian PcG genes not only regulate the homeotic genes by analogy with their Drosophila counterparts, but also have some influence on the growth and differentiation of B cells. Here author shows that these four mammalian PcG genes are rapidly induced after B cell receptor stimulation and have similar induction pattern with c-myc proto-oncogene. Thus it suggests that mammalian PcG genes might be involved in immediate early response to B-cell activation.

公開者 千葉医学会
公開者 (ヨミ) チバ イガッカイ
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029688
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.74 no.2 page.103-108 (19980401)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218113.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

539 times.


Search
Related Materials in




B cell receptor signalling
immediate early gene
Polycomb group gene
mel-18