Back
膵蛋白合成能測定による移植膵のViability評価法に関する研究   :   A Predictable Viability Assay for Pancreatic Graft by Pancreatic Protein Synthesis Rate 

作成者 宮内, 英聡, 浅野, 武秀, 植松, 武史, 中郡, 聡夫, 長谷川, 正行, 丸山, 通宏, 岩下, 力, 磯野, 可一
作成者 (ヨミ) ミヤウチ, ヒデアキ, アサノ, タケヒデ, ウエマツ, タケシ, ナカゴウリ, トシオ, ハセガワ, マサユキ, マルヤマ, ミチヒロ, イワシタ, チカラ, イソノ, カイチ
作成者の別表記 MIYAUCHI, Hideaki, ASANO, Takehide, UEMATSU, Takeshi, NAKAGOURI, Toshio, HASEGAWA, Masayuki, MARUYAMA, Michihiro, IWASHITA, Chikara, ISONO, Kaichi
キーワード等 viability assay, pancreatic transplantation, pancreatic protein synthesis rate
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 膵移植成績向上のために移植膵のviability評価はきわめて重要であるが, いまだ確実と言える方法はない。膵においては, 消化酵素やホルモン等の蛋白合成が活発に行われており, 移植前の膵蛋白合成能はグラフトのviabilityを反映するものと思われる。この観点より, 簡便な方法によるviability assayを考案し, 検討した。膵蛋白合成能(Pancreatic Protein Synthesis Rate: PPS)は, 生検により得た膵組織を^3H標識したアミノ酸とともに37℃にて30分間インキュベートし, これを取り込んだ後の放射活性の測定により, 組織蛋白重量当たりの標識アミノ酸量として算出した。実験には雄性WKAHラットを用い, 頚部への同種膵体尾部移植を施行した。移植直前に, 種々の温阻血時間を負荷した摘出膵グラフトより生検し, PPSを測定した。移植後連日血糖値を測定し, 7日目に経静脈的糖負荷試験(IVGTT)を施行後, グラフトを摘出し組織像を検討した。その結果, PPSは温阻血時間の長い群ほど低値となり生着率も低かった。PPSは移植後7日目のIVGTTより求めた血糖消失率K値と有意に正の相関を示した(r=0.7)。7日目膵組織像の観察にてはPPSの高いものほどラ島細胞が良好に保たれている傾向を認めた。さらに移植膵機能群は移植前PPSが全例1.5以上であるのに対し, 無機能群では全て1.5未満であった。以上よりPPSは短時間で簡便に測定でき, 移植前の測定により, primary non-functionに陥るべき不良膵を排除しうることが期待され, viability assayとして有用であると考えられた。
We evaluated the efficacy of pancreatic protein synthesis rate (PPS) measurement for the prediction of graft function using a rat pancreatic transplantation model. Male WKAH rats were used as donors and recipients for segmental pancreatic transplantation to the neck. Recipients had been made diabetic by streptozotocin. Pancreatic grafts were left in the rat's body for various warm ischemic times (WIT=0, 30, 60, 90 min.). Just before grafting, pancreatic tissues were biopsied from the grafts and PPS were measured and calculated. Blood glucose levels were measured everyday. On the 7th day after transplantation, IVGTT was performed and then the grafts were removed and studied microscopically. The values of PPS were correlated with graft function assessed by IVGTT K values. The PPS values of well functioning grafts were higher than those of the grafts with primary non-function. Our method can assess PPS for a short time, and tissue damage is minimal with very small biopsy. PPS measurement appears to be useful for the prediction of transplanted pancreatic function prior to grafting, and may improve the clinical outcome of pancreatic transplantation.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029689
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.74 no.2 page.109-114 (19980401)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218114.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

809 times.


Search
Related Materials in




viability assay
pancreatic transplantation
pancreatic protein synthesis rate