Back
小児呼吸器感染症由来インフルエンザ菌の臨床細菌学的検討   :   Clinical Bacteriology of Haemophilus influenzae Isolated from Respiratory Tract in Pediatric Patients. 

作成者 杉岡, 竜也
作成者 (ヨミ) スギオカ, タツヤ
作成者の別表記 SUGIOKA, Tatsuya
キーワード等 インフルエンザ菌, 下気道感染症, 洗浄喀痰培養, 慢性気管支炎, 抗菌薬感受性
日本十進分類法 (NDC) 491.7, 493.8
内容 1995年および1996年の2年間の呼吸器感染症由来インフルエンザ菌について検討した。洗浄喀痰培養における本菌の分離頻度はエピソード別平均32.3%, 症例別平均29.3%であり, 常に最上位を占めていた。由来病名の確認された菌株の疾患分類による分離頻度は急性気管支炎→反復・遷延性気管支炎→慢性気管支炎の順で増加し, その結果は従来の報告を裏付けるものであった。過去5年間の生物型別の分布では, II型(35.4%)>III型(32.4%)>I型(16.4%)で, この3つの生物型で全体の84.2%を占めていた。感受性分布ではアンピシリン耐性菌(ABPC;MIC≧1.56μg/ml)が27.7%を占めていたが, β-L変生のアンピシリン耐性菌は11.8%に過ぎず, 残りのβ-L非産生アンピシリン耐性菌(15.9%)が前回(1980-1991年)の中村らの報告の値(1.3%)と比べて著しく増加していた。この事実はインフルエンザ菌のβ-Lの変化を含めた, 耐性機構の変容を示唆しており, 今後の感受性の動向に注意しつつ適切な抗菌薬を選択することが重要だと考えられた。
Three hundred and thirty-nine (339) strains of H. influenzas dominantly isolated from respiratory tract in these 2 years were analyzed. These were isolated by the method of washed sputum culture. The rate of isolation of H. influenzas was higher than any other pathogens in respiratory tract infection. Chronic bronchitis had high isolation rate of H. influenzae. Biotype distribution of the strains was as follows: type I 16.4%, II 35.4%, III 32.4%, IV 5.4%, V 8.3%, VI 1.2%, VII 0.5%, VIII 0.5%.0 Among these strains 11.8% were β-lactamase positive, and 15.9% were β-lactamase negative ampicillin-resistant strains (BLNARs). An increase in the prevalence of BLNARs from 1.3 0n 1980-1991 to 15.9 139698200n 1995-1996.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00029999
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.74 no.4 page.295-301 (19980801)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218440.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

541 times.


Search
Related Materials in




インフルエンザ菌
下気道感染症
洗浄喀痰培養
慢性気管支炎
抗菌薬感受性