Back
胸部食道癌の集学的治療の研究 : 3領域郭清例における補助療法の検討   :   Studies on Multidisciplinary Treatment for Thoracic Esophageal Carcinoma : With Special Reference to Adjuvant Therapy to Radical Esophagectomy with 3-Field Lymph Node Dissection. 

作成者 小出, 義雄
作成者 (ヨミ) コイデ, ヨシオ
作成者の別表記 KOIDE, Yoshio
キーワード等 食道癌, 集学的治療, 3領域郭清, 補助療法, 化学療法
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 胸部食道癌に対する集学的治療の成績向上を目的として, 3領域郭清の治療成績の評価, 補助療法としての放射線治療および化学療法の評価をretrospectiveに行い, 3領域郭清例に対する補助化学療法の適応の検討を行った。3領域郭清184例の手術直接死亡率は2.7%, 最近5年間では1.8%であり, 手術適応を慎重に行うことによりほぼ安全に施行し得る術式であると思われた。遠隔成績では, 各進行度において従来の2領域郭清に比べ有意の向上がみられた。また従来の2領域郭清において有用性が示された補助療法としての術前照射または術後照射は, 3領域郭清では遠隔成績向上に貢献していなかった。治癒切除不能例62例を対象とするneoadjuvant chemotherapy (5-FU持続静注+CDDP:FP)またはneoadjuvant chemoradiotherapy (放射線治療同時併用FP:FPR)の奏効率は48.4%が得られたが, 6.5%の治療関連死亡を認めた。一方, 3領域郭清による手術単独治療では5年生存が得られていない2領域以上のリンパ節転移例, リンパ節転移個数5個以上の症例またはA_3(a_3)症例81例においては, FPまたはFPRによる補助療法を行った15例の5年生存率は31.1%であり, 補助療法を行わなかった42例の2.8%に比し, 有意に良好であった。以上力足, FPまたはFPRの奏効率および副作用を考慮し, 3領域郭清単独では5年生存が得られない2領域以上のリンパ節転移例・リンパ節転移個数5個以上の症例およびA_3(a_3)症例を対象としてlow-dose FPまたはFPRを行うことが望ましいと考えられた。
In order to improve the long term survival of patients with thoracic esophageal carcinoma, 967 resected cases from 1959 through 1995 were reviewed, and 1) operative results and long term results of 3-field lymph node dissection (3F), 2) efficacy of pre- or postoperative radiation therapy, and 3) adjuvant effect of infusional 5-FU with CDDP (FP) were evaluated. The following results were obtained. 1) Mortality rate within 30 postoperative days was 2.7 0.000000or 184 cases receiving 3F, and it decreased to 1.8-0.000000or 55 cases of recent five years. Five-year survival rate of 3F was better than that of conventional 2-field lymph node dissection (2F) with statistically significant difference. 2) Pre- or postoperative radiation therapy achieved improvement in survial with 2F, but there was no benefit with 3F. 3) Response rate of neoadjuvant chemo- or chemoradiotherapy with FP was 48.4% (30/62) and there were 4 cases of treatment related death (TRD). TRD seemed to corelate with one bolus infusion of CDDP or hyperfractionated radiotherapy. Although there were no five-year survivors by 3F alone, five-year survival rate by 3F combined with FP was 31.1%.0 These cases had T4, lymph node metastases in two or three fields, or those of more than 5. In conclusion, infusional 5-FU with low-dose CDDP as an adjuvant chemotherapy for 3F should be applied to patients with T4, lymph node metastases in two or three fields, or more than 5 lymph node metasases.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030106
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.74 no.5 page.361-371 (1998-10-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218555.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

591 times.


Search
Related Materials in




食道癌
集学的治療
3領域郭清
補助療法
化学療法