Back
Phased Array Coilを用いたMRIによる大腸癌進行度診断の有用性   :   Evaluation of Staging of Colorectal Cancer by Magnetic Resonance Imaging with Phased Array Coil. 

作成者 中島, 光一
作成者 (ヨミ) ナカジマ, コウイチ
作成者の別表記 NAKAJIMA, Kohichi
キーワード等 MRI, Phased array coil, 大腸癌, 深達度診断, リンパ節転移
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 大腸癌切除例42例(S状結腸癌12例, 直腸瘍30例)を対象に, 空間分解能の高いphased array coilを用いたMRIによる, 大腸癌進行度診断の有用性について検討した。撮像条件は, 撮像面を腫瘍の部位における腸管直交面, 及び腫瘍に垂直で腸管に平行な面とし, FOV(撮像視野)を16〜20cmと小さく, スキャン厚を2〜5mmと薄く設定, 撮像法は小さい領域からでも良好なコントラストが得られるGd-DTPA造影(0.2mmol/kg静注)T1強調を用いた。標識を大腸粘膜下に注入した検討で, 大腸壁像の内腔側の高信号層(第1層)は粘膜下層, 外側の低信号層(第2層)は固有筋層に相当したことから, 深達度の診断基準を, 腫瘍による第1層の断裂がないものをM/SM, 第1層の断裂をMP, 第2層の断裂をSS/SE (A_1/A_2), 他臓器との境界が不整なものをSi (Ai)と設定すると, この基準により42例中39例(93%)で組織所見と一致する結果が得られた。リンパ節転移診断については, 郭清を行った39例を腸管傍リンパ節領域に描出されたリンパ節の最大径で分類し検討すると, n_1転移陽性率は最大径5mm未満または描出されないA群(21例)で14%, 5mm以上10mm未満のB群(11例)で73%, 10mm以上のC群(7例)で100%となった。また中枢方向n_2以上または側方リンパ節の転移を有した症例9例はすべてC群かB群であり, 腸管傍リンパ節像の最大径は, 遠隔リンパ節転移にも相関していることが明らかとなった。大腸癌進行度診断において, phased array coilを用いたMRIは, 腫瘍近傍の詳細な撮像が可能であり, 有用性が高い検査法であった。
We studied the efficiency of MRI with phased array coil for 42 cases of colorectal cancer. MRI was performed with vertical and parallel slices to the intestinal wall with tumor. The field of view was 16〜20cm, slice thickness was 2〜5mm. Gd-DTPA enhanced T1-weighted images were used. In MRI images, the intestinal wall has two layer; the inner high signal layer (the 1st layer) and the outer low signal layer (the 2nd layer). Through the submucosal injection of the marker, the submucosa was included to the 1st layer and the muscularis propria to the 2nd. On the basis of the findings, a degree of cancer invasion in the intestinal wall could be accurately diagnosed. The accuracy rate of diagnosis was 93%.0 As to lymph node metastasis, the enlarged lymph node in pericolorectal cavity was clearly recognized. We clarified the relationship between the size and malignancy of the lymph node. In conclusion, MRI with phased array coil is useful for the staging of colorectal cancer, in terms of depth of cancer invasion and lymph node metastasis.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030216
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.74 no.6 page.455-462 (1998-12-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218674.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

610 times.


Search
Related Materials in




MRI
Phased array coil
大腸癌
深達度診断
リンパ節転移