Back
アンドロゲン依存性, 非依存性腫瘍におけるビタミンD_3誘導体の細胞増殖, アポトーシスに対する作用   :   Effect of Vitamin D_3 Derivatives on Proliferation and Apoptosis of Androgen Dependent and Independent Tumors. 

作成者 結城, 崇夫
作成者 (ヨミ) ユウキ, タカオ
作成者の別表記 YUKI, Takao
キーワード等 アンドロゲン依存性腫瘍, アンドロゲン非依存性腫瘍, アポトーシス, ビタミンD_3誘導体
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 前立腺に限局した癌は手術等の根治療法が適応となる。しかし本邦ではなお初診時約半数の症例で遠隔転移を認めるため, ホルモン療法の重要性は高い。前立腺癌などのアンドロゲン依存性腫瘍はアンドロゲン除去により当初は治療に反応するが, 最終的には反応しなくなりアンドロゲン非依存腫瘍に進行する。そこでホルモン非依存腫瘍に対する効果的治療が必要とされている。千葉大学泌尿器科で樹立されたアンドロゲン依存性SC 115細胞は, 培地内にアンドロゲンが存在しているときのみ無血清培地で成長可能である。アンドロゲン非依存CS 2細胞はアンドロゲンの有無にかかわらず, 無血清培地で成長可能である。アンドロゲン非依存癌に対する効果的な治療法を開発するため, ビタミンD_3誘導体による両細胞の増殖制御を検討した。両細胞は1, 25-dihydroxy vitamin D_3, 22-oxa-calcitriolによりアポトーシス特有のDNA配列の断片化や細胞の形態学的変化をおこし, 増殖抑制された。そのアポトーシスにいたる過程において, ビタミンD_3誘導体により, testosterone repressed prostatic message-2, transforming growth factor-β1, glucose regulated 78 kilodalton protein, α-prothymosinとカルモデュリンの遺伝子における発現増加がノーザンブロット解析により判明した。一方, 細胞周期解析では, ビタミンD_3誘導体処理がG0/G1期で細胞増殖の停止をもたらすことも明らかとなった。以上より, アンドロゲン依存癌, 非依存癌は, ビタミンD_3誘導体によるアポトーシス誘導と細胞周期停止が示唆された。本研究成果はビタミンD_3誘導体投与によるホルモン非依存癌の治療法開発に役立つものと思われた。
Androgen-dependent tumors eventually progress to androgen-independent tumors after androgen deletion. Therefore, effective treatment for hormone-independent tumors is urgently needed. Shionogi carcinoma 115 (SC 115) cells are one of androgen-dependent tumors which grow in serum free culture containing androgen. Androgen-independent Chiba subline 2 (CS 2) cells grow in serum free culture whether androgen is present or not in the media. In the present study, mechanisms of cell death in SC 115 and CS 2 cells were examined after vitamin D_3 treatment. Based upon the temporal sequence of DNA fragmentation, morphologic changes and loss of cell viability, these cells underwent apoptosis with vitamin D_3 treatment. During the apoptotic process induced by vitamin D_3, mRNA expression of testosterone repressed prostatic message-2, transforming growth fact or-β1, glucose regulated 78 kilodalton protein, and calmodulin increased. Flow cytometric analysis showed that vitamin D_3 treatment resulted in a block in GO/G1 of the cell cycle. These results demonstrate that not only androgen-dependent SC 115 cells but also androgen-independent CS 2 cells retain the ability to undergo apoptosis by vitamin D_3.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030219
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.74 no.6 page.483-490 (1998-12-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218677.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

623 times.


Search
Related Materials in




アンドロゲン依存性腫瘍
アンドロゲン非依存性腫瘍
アポトーシス
ビタミンD_3誘導体