Back
アンギオテンシノーゲン遺伝子(M235T, T174M)およびβ_3アドレナリンレセプター遺伝子(Trp64Arg)の遺伝子多型と高血圧症との関連性   :   Combined effects of four polymorphisms, the angiotensinogen gene (M235T, T174M), the angiotensin-I converting-enzyme gene (I/D) and the β_3 aderenergic-receptor gene (Trp64Arg) on hypertension 

作成者 諏訪園, 靖, 大久保, 靖司, 小林, 悦子, 能川, 浩二, 城戸, 照彦
作成者 (ヨミ) スワゾノ, ヤスシ, オオクボ, ヤスシ, コバヤシ, エツコ, ノガワ, コウジ, キド, テルヒコ
作成者の別表記 Suwazono, Yasushi, Okubo, Yasushi, Kobayashi, Etsuko, Nogawa, Koji, Kido, Teruhiko
キーワード等 optic nerve, multiple sclerosis, MRI
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 日常診療において最も多く遭遇するといわれている高血圧症のうち, 90%以上は原因不明の本態性高血圧症である。本態性高血圧の発症には肥満, 食塩の過剰摂取, 喫煙等の宿主側の因子が関与することが, 疫学研究で明らかにされた。近年は分子生物学の発展に伴い, 従来から"体質"と呼ばれてきた高血圧の遺伝的要因の解明が試行され, 血圧調整には多遺伝子が関与していると考えられている。そこで, 本研究では関連遺伝子多型の組み合せで"体質"を評価できないかを検討した。すなわち, AGT遺伝子(M235TおよびT174M)の多型, ACE遺伝子のI/D多型およびβ_3-アドレナリン受容体遺伝子(Trp64Arg)の多型の組み合わせを高血圧症の日本人について検討した。対象集団は高血圧者130人, 正常血圧者96人である。高血圧者は現在, 投薬治療中の人および収縮期血圧が160mmHg以上か拡張期血圧が95mmHg以上の人とした。正常血圧者は治療を受けたことがなく, 収縮期血圧が140mmHg以下で拡張期血圧が90mmHg以下の人とした。4種全ての遺伝子多型は単独では高血圧者と正常血圧者間で出現頻度に有意差は認められなかった。一方, 組み合わせ頻度で観察すると, 正常血圧者に比べて, 高血圧者にはAGT遺伝子(M235T)がTT型で, かつβ_3-アドレナリン受容体遺伝子(Trp64Arg)がTT型の人が有意に少なかった(P=0.011)。高血圧症の危険因子である性, 年齢および肥満度(BMI)も組み込んで, 多重ロジステックモデルで解析すると, AGT遺伝子(M235T)がTT型で, かつβ_3-アドレナリン受容体遺伝子(Trp64Arg)がTT型である組み合わせは, その他の組み合わせに比べて有意の負の危険因子であり(P=0.022), オッズ比は0.521と算出された。これらの結果より, AGT遺伝子(M235T)がTT型で, かつβ_3-アドレ
Combined effects of polymorphisms of the ACT gene (M235T, T174M), ACE gene (I/D), and β_3-ARgene (Trp64Arg) with hypertension in Japanese subjects were studied Study population was entirely Japanese (130 hypertensive and 96 normotensive subjects). Hypertension was defined as being on current treatment with anti-hypertensiveagents, or SBP ≧ 160 mmHg and/or DBF ≧ 95mmHg. Normotensive subjects were definedas ones whose SBP < 140 mmHg and DBF < 90 mmHg. The frequencies of genotypes and alleles of M235T and T174M of AGT gene, I/D of ACE gene, and Trp64Arg of β_3-AR gene were not significantly different between hypertensive and normotensive subjects. The combination of M235T TT genotype of AGT gene and Trp64Arg TT genotype of β_3-AR gene was significantly less frequent in the hypertensive subjects (P=0.011). The combination of M235T TT genotype and Trp64Arg TT genotype was significantly negatively associated with hypertension (P=0.022) and the odds ratio was 0.521 when risk factors for hypertension such as sex, age and obesity were included in a multiple logistic model. The results indicated that the combination of M235T TT genotype and Trp64Arg TT genotype has an effect on hypertension and that this association between the polymorphism and hypertension is significant even though risk factors for hypertension were taken into consideration.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030309
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.75 no.1 page.25-32 (19990201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214448.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語


Total Access Count:

758 times.


Search
Related Materials in




optic nerve
multiple sclerosis
MRI