Back
血管運動性鼻炎の病態に関する研究   :   Study on pathophysiology of vasomotor rhinitis. 

作成者 長谷川, 真也
作成者 (ヨミ) ハセガワ, マサヤ
作成者の別表記 Hasegawa, Masaya
キーワード等 鼻過敏症, 血管運動性鼻炎, 好酸球, ヒスタミン過敏性, 下肢寒冷刺激
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 日本アレルギー学会におけるアレルギー性疾患治療ガイドラインに示される診断基準に従うと, くしゃみ, 鼻汁過多, 鼻閉を伴うを鼻過敏症のうち, 鼻汁好酸球陰性, 皮膚テスト陰性, 誘発テスト陰性である症例は血管運動性鼻炎と診断される。しかしながら, その病態は不明である。そこで, 今回筆者は血管運動性鼻炎と鼻アレルギーの病態の違いを明らかにし, 血管運動性鼻炎における鼻粘膜過敏性成立の機序を知る目的で, 血管運動性鼻炎, 鼻アレルギ一症例等を対象に1)鼻過敏症における鼻粘膜炎症細胞2)鼻粘膜ヒスタミン過敏性3)寒冷刺激に対する鼻粘膜反応について検討を行った。結果, 血管運動性鼻炎においては炎症細胞の関与は認めなかった。また, 鼻粘膜ヒスタミン過敏性は正常者と比較して血管運動性鼻炎は有意な亢進を示したが, 鼻アレルギーと比較すると軽度であった。血管運動性鼻炎の最も特徴的な所見は下肢寒冷刺激時にみられる鼻粘膜腫脹にあった。正常者では, 下肢寒冷刺激中は交感神経中枢の興奮により鼻粘膜容積血管収縮がみられたが, 血管運動性鼻炎では下肢寒冷刺激による鼻粘膜収縮反応は抑制され鼻汁分泌亢進と同時にむしろ有意な拡張反応が認められた。鼻アレルギーは正常コントロールと血管運動性鼻炎の中間の鼻粘膜反応を示した。また, 下肢寒冷刺激は5-15mmHgの収縮期血圧上昇をおこしたが血圧の変化には血管運動性鼻炎と正常コントロール, 鼻アレルギーの間に有意な差を認めなかった。このことより, 血管運動性鼻炎では鼻粘膜を主とする末梢レベルに交感神経反応の抑制, 副交感神経反応の亢進を起こす異常があるものと考えられた。
To elucidate the mechanism of hyperreactivity of the nasal mucosa in vasomotor rhinitis, we have evaluated (1) inflammatory cells in nasal lavages and epithelial scrapings, (2) reactivity of the nasal mucosa to histamine and leg cooling in normal subjects and patients with vasomotor rhinitis and nasal allergy. The results showed that inflammatory cells play no role in vasomotor rhinitis. In normal controls leg cooling caused shrinkage of the nasal mucosa due to sympathetic excitation. However, in patients with vasomotor rhinitis this sympathetic response induced by leg cooling was significantly inhibited, and it caused swelling of the nasal mucosa. This tendency was also observed in patients with nasal allergy, although inhibition of nasal mucosal contraction one minute after leg cooling was significantly greater in patients with vasomotor rhinitis than in those with nasal allergy. Systolic blood pressure increase induced by leg cooling was not different among three groups. Therefore it was assumed that leg cooling caused depressed sympathetic and enhanced parasympathetic reactivity of the capacitance vessels of the nasal mucosa in patients with vasomotor rhinitis, and that the phenomena are due to nasal mucosa itself, not abnormality in the systemic vasomotor center.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030329
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.75 no.2 page.57-67 (1999-04-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214478.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

743 times.


Search
Related Materials in




鼻過敏症
血管運動性鼻炎
好酸球
ヒスタミン過敏性
下肢寒冷刺激