Back
定型網膜色素変性症の視野・網膜電図の検討 : 遺伝形式間の比較   :   Relationship between visual field loss and maximal combined electroretinographic responses in retinitis pigmentosa : comparison among genetically different types 

作成者 石川, 一之, 安達, 惠美子, 溝田, 淳
作成者 (ヨミ) イシカワ, カズユキ, アダチ-ウサミ, エミコ, ミゾタ, アツシ
作成者の別表記 Ishikawa, Kazuyuki, Adachi-Usami, Emiko, Mizota, Atsushi
キーワード等 retinitis pigmentosa, maximal combined electroretinographic responses, visual field
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 1984年から1996年までに千葉大学眼科を受診した定型網膜色素変性症228例について常優26例, 常劣64例, 孤発例138例に分け動的量的視野および網膜電図を検討した。Goldmann視野におけるV-4イソプターでは5から10cm^2までと150から250cm^2までの2群に別れ, 1-4イソプターでは5cm^2以下の群のみ認められた。加齢及び遺伝形式による差異は認められなかった。網膜電図ではa, b波ともに正常対照群より減少してはいるものの, 遺伝形式による差異は認められなかった。また, 網膜電図で振幅を認められる割合はV-4イソプターおよびI-4イソプターの面積と相関していることが示唆されたが, 遺伝形式による差異は認められなかった。網膜電図の振幅の比であるb/a比は正常対象群に対して疾患群は減少していたが, 常備は特に他に比べ有意に減少していた。定型網膜色素変性症の網膜電図や視野の検討は数多くなされてきたが, b/a比について統計的考察がなされてきたことはない。a波およびb波は組織学的に発生起源が異なっており, b波はa波のインパルスによって二次的に引き起こされることは以前より知られてきている。網膜電図において常備のb/a比が有意な低下を示すことは, 網膜障害の機序が他と異なる可能性が示唆された。
Analyses were performed on 228 Japanese patients with retinitis pigmentosa (RP) who were classified with autosomal dominant (ADRP, n=26), autosomal recessive (ARRP, n=64), and simplex (simplex RP, rc=138) inheritance. Visual fields were tested with Goldmann perimetry. Maximal combined responses of electroretinogram (ERG) with 20-Joule white flash stimulation were recorded after dark adaptation for 20 minutes. The visual field with the V-4 isopter demonstrated two unique groups, represented by dense areas between 5 and 10cm^2 and between 150 and 250cm^2, while only one unique group was observed within the 5cm^2 area with the 1-4 isopter. No age or inheritance type of effect was seen. A-and b-wave amplitudes were equally low in the 3 groups, as compared with normal subjects. The b/a ratio was significantly smaller in the ADRP group, compared with the others. The rate of detectable ERG responses decreased as the visual field became smaller. There was no inheritance effect. A lower b/a ratio in ADRP patients suggested that retinal functional abnormalities differed from ARRP and simplex RP patients.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030344
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.75 no.3 page.145-152 (19990601)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218780.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

748 times.


Search
Related Materials in




retinitis pigmentosa
maximal combined electroretinographic responses
visual field