Back
S状結腸癌および直腸癌に対する大動脈周囲リンパ節郭清の臨床的意義   :   Clinical evaluation of para-aortic lymph node dissections for sigmoid colon and rectal cancers 

作成者 新井, 竜夫, 小野, 正人, 杉藤, 正典, 鈴木, 弘文, 川島, 清隆, 竜, 崇正
作成者 (ヨミ) アライ, タツオ, オノ, マサト, スギト, マサノリ, スズキ, ヒロフミ, カワシマ, キヨタカ, リュウ, ムネマサ
作成者の別表記 Arai, Tatsuo, Ono, Masato, Sugito, Masanori, Suzuki, Hirofumi, Kawashima, Kiyotaka, Ryu, Munemasa
キーワード等 colorectal cancer, para-aortic lymph node, lymphadenectomy
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 S状結腸, 直腸癌に対する大動脈周囲リンパ節郭清の適応とその臨床的意義に関しては未だに明確にされていない点も多い。今回retrospectiveにS状結腸, 直腸癌症例を対象とし, 大動脈周囲リンパ節郭清と253, 216陽性症例につき検討を行った。対象は最近4年7ケ月間に手術を施行した大腸癌症例507例のうち病変がS状結腸以下の症例348例とした。S状結腸158例と直腸190例である。大動脈周囲リンパ節郭清(以下D4)の適応はこの時期は, (1)術前に大動脈周囲や主幹動脈にリンパ節が指摘されている症例, (2)術中にN2以上の転移があると判断された症例としている。D4の施行率であるが全体では32.5%(113/348)であった。D4施行群と非施行群(以下D3以下)を比較すると手術時間(D4 331min vs D3以下238min), 出血量(D4 949g vs D3以下438g)の両群で有意差を認めた。次に大動脈周囲転移陽性例についてであるが, 253陽性症例はS/Cに2.6%(4/158)にのみ認められ直腸にはみられなかった。216陽性症例はS/Cで2.6%(4/158), Rsで0%(0/59), Raで8.6%(5/58), Rbで1.4%(1/73)であり, 全体では2.9%(10/348)であった。根治度でみると253陽性症例では根治度A, B, Cがそれぞれ1例, 2例, 1例であり, 腹膜播種2例と肝転移1例が根治度B, Cの原因となっていた。一方216陽性症例では根治度A, B, Cが3例, 3例, 4例であり, 根治度B, Cの原因として残存216が4例, ewが2例, 肝転移が1例であった。予後についてであるが, 253陽性症例では再発死亡1, 再発生存2, 無再発生存1である。216陽性症例では死亡7, 再発生存2, 無再発生存1であり, 累積生存率は12, 18, 24ケ月でそれぞれ56%, 33%, 0%であった。今後術前大動脈周囲リンパ節転移診断の向上および危険群の抽出を行い効率的なD4郭清を行う必要があり, 再発危険群でもあり術後の強
This retrospective study evaluated clinical outcome with regard to para-aortic lymph node dissection in patients with sigmoid colon cancer and rectal cancer. A total of 348 consecutive colorectal cancer patients consisting of 158 patients with sigmoid colon cancer and 190 with rectal cancer were reviewed. There were significant differences in operative blood loss and duration of surgery between conventional and extended lymph node dissection. The incidence of metastasis to inferior mesenteric root nodes (#253) was 1.1% (4/348), and 2.9% (10/348) to para-aortic nodes (#216). The cumulative survival rate of the patients with metastatic #216 nodes was 56-0x1.fafep+0t 12 months, 33-0x1.b2380b6cb1ap-147t 18 months, and 0-0x1.f95a8085076a8p+0t 24 months. The outcome of the patients with metastatic para-aortic or inferior mesenteric root nodes was very poor, because they usually had several incurable factors, such as liver or peritoneal metastasis. Male sexual dysfunction is often caused by para-aortic dissection because of sacrificing lumbar splanchnic and hypogastric nerves, and it is very important to avoid extended dissection in patients without metastatic para-aortic or inferior mesenteric root nodes. General rules for the indications for para-aortic dissection are needed, and a regimen of postoperative therapy for patients with metastatic nodes is also needed. Thus a multi-institutional randomized control clinical trial is required to evaluate the actual outcome of extended dissections as a meaning of enabling more effective and more appropriate lymph node dissections for sigmoid colon and rectal cancers.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030429
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.75 no.4 page.201-207 (19990801)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004218873.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

711 times.


Search
Related Materials in




colorectal cancer
para-aortic lymph node
lymphadenectomy