Back
心筋梗塞後顕在化したPanic Disorderを伴う初老期うつの1例   :   A Case of middle-aged depression with panic disorder after suffering from myocardial infarction. 

作成者 石出, 猛史, 藤井, 秀一郎, 藤井, 真理, 若新, 洋子, 鎗田, 正
作成者 (ヨミ) イシデ, タケシ, フジイ, シュウイチロウ, フジイ, マリ, ワカシン, ヨウコ, ヤリタ, タダシ
作成者の別表記 Ishide, Takeshi, Fujii, Shuichiro, Fujii, Mari, Wakashin, Youko, Yarita, Tadashi
キーワード等 心筋梗塞, タイプA行動パターン, パニック障害, 神経循環無力症, 初老期うつ
日本十進分類法 (NDC) 493.7
内容 心筋梗塞の発症後, うつ症状とpanic障害が顕在化した症例について報告する。症例は70歳の女性で特記すべき既往歴はなし。長男と2人暮しで, 配偶者は高血圧の既往歴があり, 20年前に50歳で脳卒中により死亡した。平成2年8月体重減少と全身倦怠感を訴えて来院したが, 精査の結果異常は認められなかった。同年11月に急性心筋梗塞を発症して入院したが, 経過良好で12月に退院した。平成3年に入ってから, 安静時の窒息感・胸部圧迫感・動悸・気分不快感・不眠などを頻繁に訴えるようになった。これらの訴えは10月から11月にかけて増加する傾向がみられた。現在までに過換気症候群などにより, 2度短期間入院している。Panic障害を伴ったうつ症状と診断し, diazepam・imipramine hydrochloride・brotizolamなどの内服で経過を観察しているが, 大きな変化はみられない。この間自主的に精神科を受診していたが, 現在は中止している。これらの症状出現の引き金は死に対する恐怖であり, その原因は過去におこした心筋梗塞であった。10月から11月にかけて訴えが増加することからも, このことは推定された。従って病院受診が最も有効な治療手段となっている。うつ症状およびpanic障害に対する治療として, 医療サイドのcareが重要であることが知られているが, 今後核家族化・少子化・独居老人の増加は, うつ症状あるいはpanic障害のcareにも影響することが予想される。
The case of a 70-year-old female patient who suffered from acute myocardial infarction is presented. After recovery from the heart attack, she frequently complained of various cardiovascular symptoms, an oppressive sensation in the chest, palpitations, breathlessness, malaise and so on at rest. These complaints have increased since October/November when she had the heart attack. Up to the present time, she has been admitted to our hospital twice, for short periods suffering from hyper-ventilation syndrome. She was diagnosed as suffering from depression with panic disorder and was prescribed diazepam, imipramine hydrochloride and brotizolam. However her complaints have hardly improved. These symptoms appear to have been induced by the fear of death, which her old myocardial infarction triggered. This view is supported by the increase in occurrence of these symptoms since October/November. Thus, the best way to settle her complaints was for her to attend the hospital. It is widely known that it is very important for medical staff to care for such patients. On the other hand, as the number of small families with few children and the number of lonely elderly patients are increasing, these problems will seriously affect the care of elderly patients with depression and/or panic disorder.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030528
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.75 no.5 page.271-276 (19991001)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214501.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1169 times.


Search
Related Materials in




心筋梗塞
タイプA行動パターン
パニック障害
神経循環無力症
初老期うつ