Back
環境の変化が学童の呼吸器に及ぼす影響についての長期的観察 : 環境保健サーベイランスの試み   :   Long-term observations of the respiratory health of schoolchildren and its relationship to environmental factors : A trial for environmental health surveillance. 

作成者 丸山, 浩, 仁田, 善雄, 島, 正之, 岩崎, 明子, 安達, 元明
作成者の別表記 マルヤマ, ヒロシ, ニッタ, ヨシオ, シマ, マサユキ, イワサキ, アキコ, アダチ, モトアキ, Maruyama, Hiroshi, Nitta, Yoshio, Shima, Masayuki, Iwasaki, Akiko, Adachi, Motoaki
キーワード等 学童, 肺機能, 清掃工場, サーベイランス
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 清掃工場の操業により起こりうる環境の変化が, 周辺住民の健康に与える影響を評価するため, 工場近接地区及び対照地区に居住する学童を対象に健康調査(呼吸器症状と肺機能検査)を1983年から9年間継続して実施した。同時に大気環境測定, 周辺地区の植生等環境調査も行った。呼吸器症状調査は9年間で2771名に実施し, 住環境に若干の差が見られたが, 症状には両地区間に大きな差は見られなかった。肺機能検査は前半と後半に分割し, 両地区のコホートをおのおの3年間追跡した。身長, 呼吸器疾患既往等を調整した肺機能値の地区間の比較では, 努力性肺活量は前期, 後期コホートともに近接地区が対照地区よりも大であったが, 0.75秒量, 0.75秒率, V^^._<50>, V^^._<25>は両コホートとも地区間に差は見られなかった。また, 3年間の肺機能の成長は, 前期では近接地区の増加量が大であるのに対し, 後期では対照地区が大であり, 一定の傾向は見られなかった。大気環境測定では, 浮遊粒子状物質以外はすべて環境基準を達成しており, 植生, 地下水流その他の調査結果からも清掃工場操業にともなう環境変化は見られず, これらによる健康への影響はないものと判断された。住民の環境に対する意識の変化により, 清掃工場をはじめとする大規模施設に対する住民の不安は増大してきている。このため, 環境の変化にともなう健康への影響をいち早くとらえ, 健康被害を予防できる環境保健に関するサーベイランスシステムの確立が必要であるが, その構築に際し, 既知の各種指標を用いて継続的に観察することの有用性が示唆された。
In order to assess the effects of incineration facility operation on respiratory symptoms and pulmonary function in schoolchildren, a nine-year series of surveys was conducted among schoolchildren living in the neighborhood of a facility area and a control area respectively from 1983 through 1991. Respiratory symptoms among 2, 771 children of fourth grade showed no significant difference between the both areas, except for residential situations. Pulmonary function tests were conducted for three years to follow up on the cohort in fourth grade in 1983, 1984 (the first cohort), and in 1987-1989 (the second cohort). Interregional comparison of adjusted pulmonary function values showed no significant difference except for forced vital capacity. The growth of pulmonary function over a period of three years did not show a fixed tendency. The levels of ambient air pollutants except for suspended particulate matter were within the Japanese Ambient Air Quality Standard, and no remarkable alteration for the facility operation was indicated by other environmental measurements. These results suggested that environmental change due to the incineration facility operation did not affect the respiratory health of the children. This study showed that the long-term survey using existing indices was useful to establish the environmental health surveillance system.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030796
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.76 no.1 page.13-22 (20000201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216076.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

421 times.


Search
Related Materials in




学童
肺機能
清掃工場
サーベイランス