Back
無発声単語逆唱課題遂行中の小脳賦活の検討.   :   Cerebellar activation caused by silent backward repeat of words 

作成者 村上, 敦浩, 山内, 直人, 野田, 慎吾, 児玉, 和宏, 佐藤, 甫夫
作成者 (ヨミ) ムラカミ, アツヒロ, ヤマノウチ, ナオト, ノダ, シンゴ, コダマ, カズヒロ, サトウ, トシオ
作成者の別表記 Murakami, Atsuhiro, Yamanouchi, Naoto, Noda, Shingo, Kodama, Kazuhiro, Sato, Toshio
キーワード等 functional MRI, SPM, cognitive function, cerebellum
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 小脳の高次機能, 特に言語機能への関与を検討する目的で, 健常人が三音節単語(日本語)の逆唱を行う際の脳賦活をfunctional MRIを用いて検討した。これまで, 語の意味の操作を行う際に右小脳半球が賦活されることが報告されていたが, 今回の結果は, 右小脳半球(Schmahmann's 3D MRI atlasの命名法でCrus Iの一部)が, 語の音韻の操作を中心とする課題でも賦活されることを明らかにした。また, 逆唱課題vs順唱課題のコントラストと逆唱課題vs安静時のコントラストの差が量的差であったことから, 困難な課題を行う際は, 単純な課題と比較して, 低次の領域もより強く賦活してくることが示唆された。このことは高次脳機能に関する減算法パラダイムの限界を示していると考えられた。
To investigate the cerebellar contribution to verbal function, we examined regional cerebral activities during a silent backward repeat task using three-syllable words with functional magnetic resonance imaging (fMRI). We found that this task activated the right cerebellar hemisphere (Crus I, Schmahmann's 3D MRI atlas) which had previously been reported by using a word generation task. This suggests that the cerebellum contributes to phonemic manipulation in addition to semantic manipulation of words. Moreover, the activations of perceptual areas during a silent backward repeat task were stronger than those of a silent forward repeat task. This suggests more complicated manipulation after perception activates the perceptual areas more, indicating a limitation of the cognitive subtraction paradigm.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030879
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.76 no.3 page.101-111 (20000601)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214843.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

793 times.


Search
Related Materials in




functional MRI
SPM
cognitive function
cerebellum