Back
学童の肺機能およびその成長に及ぼす大気汚染の影響についての考察   :   Effects of air pollution on pulmonary functions and their growth in school children. 

作成者 櫻山, 豊夫, 仁田, 善雄, 島, 正之, 安達, 元明
作成者の別表記 サクラヤマ, トヨオ, ニッタ, ヨシオ, シマ, マサユキ, アダチ, モトアキ, Sakurayama, Toyoo, Nitta, Yoshio, Shima, Masayuki, Adachi, Motoaki
キーワード等 学童, 肺機能, コホート研究, オキシダント, 二酸化窒素
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 大気汚染をはじめとする環境汚染が学童の呼吸器に及ぼす影響については多くの報告がある。これらの報告の多くは横断調査によるものであり, コホートにより長期にわたる影響を検討したものは少ない。都市環境, 特に大気汚染が肺機能およびその成長にいかなる影響を及ぼすかを明らかにするため, 東京都中野区の小学校学童を対象に, フローボリウムカーブレコーダにより2年間肺機能を追跡した。とりあげた肺機能のパラメータは努力性肺活量, 時間肺活量0.75秒量, 同率, 50%肺活量時における最大呼出速度(V^^._<50>)および同25%(V^^._<25>)である。急性影響については, 肺機能値と近接する大気常時測定局(中野局)の二酸化窒素, 二酸化硫黄, オキシダントおよび気温との関連を, 長期にわたる影響については身体の生育にともなう肺機能の成長を, 大気が清浄である千葉県内の学童のそれと比較検討した。全期間検査を実施したものは123名(男子60名, 女子63名)である。急性影響では, 大気汚染と肺機能との関連をみると, 偏相関係数(気温の効果を除外)は符号が負のものが多く, 特にV^^._<50>およびV^^_<25>とオキシダント, 二酸化窒素との関連は統計学的に有意であった。長期影響では, M小学校の学童の2年間の肺機能の成長の度合は, 千葉県の大気清浄地区の学童による基準値に比較して, 肺気量では差は見られないが, 呼出速度の成長は阻害されていることが明らかにされた。学童の肺機能は大気汚染の影響を受けることが示唆された。都市の大気汚染の主体である二酸化窒素は難溶性であり, 肺の末梢気道部を傷害するとされているが, 今回の結果はそれを立証するものであった。
In order to assess the effects of air pollution on pulmonary functions and their growth in children, a longitudinal study was conducted on a cohort of 123 school children in Nakano Ward of Tokyo. Pulmonary function tests were performed in the school every month repeatedly for two years from December 1982 through December 1984. Acute effects were evaluated by the associations between air pollution levels and pulmonary function values. As the concentrations of atmospheric air pollutants for previous 72 hours were higher, most of the pulmonary function values in the children were lower. Significantly adverse associations were observed between expiratory flow rates and the concentrations of oxidant and nitrogen dioxide. The longitudinal evaluation showed that the pulmonary function growth in our subjects was significantly impaired compared with in children living in Chiba Prefecture with a low level of air pollution. The impairment was more remarkable in expiratory flow rates than in lung volume. This study showed both acute and chronic effects of urban air pollution on pulmonary function in school children, and that the effects were prominent in expiratory flow rates. These findings suggested that oxidant and nitrogen dioxide damage the peripheral airway of lung.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00030881
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.76 no.3 page.119-127 (20000601)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004214845.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

480 times.


Search
Related Materials in




学童
肺機能
コホート研究
オキシダント
二酸化窒素