Back
陳旧性環椎間回旋位固定に対する前方アプローチと側方アプローチの手技・適応・意義.   :   Reduction of late infantile atlanto-axial rotatory fixation : comparative report of two cases adopting a transoral joint release and an extreme lateral approach. 

作成者 後藤, 澄雄, 三井, 公彦, 村上, 正純, 望月, 真人, 守屋, 秀繁
作成者 (ヨミ) ゴトウ, スミオ, ミイ, キミヒコ, ムラカミ, マサズミ, モチズキ, マコンド, モリヤ, ヒデシゲ
作成者の別表記 Goto, Sumio, Mii, Kimihiko, Murakami, Masazumi, Mochizuki, Makondo, Moriya, Hideshige
キーワード等 atlanto-axial rotatory fixation, transoral approach, extreme lateral approach, joint release of the lateral mass
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 【緒言・目的】小児環軸椎間回旋位固定は早期に適切に対処されれば殆ど変形等を残さず対処しうるにもかかわらず, 数カ月以上放置あるいは不完全な治療で経過した場合には, 極めて難治な問題を残すこととなる。環軸椎間の側塊は骨性強直となり, 高度の斜頚を残す。手術治療の危険性に鑑み放置せざるを得ないとの議論も生じるが, 全成長期間を高度斜頚状態で過ごさせることには疑問もある。まして高度の脊髄症状をきたした場合には, 大変苦慮せざるを得ない問題を残す。ここでは2例の異なるアプローチでの手術例に付き治療経験を述べ, 文献的考察を含め比較検討したい。【症例1】9歳, 女児, 四肢麻痺合併。経口法にて前方に落ち込んだ右側Facet環椎側塊の骨性癒合を解離したが, 左側の完全癒合の解離は困難であった。体位変換の後, 後方固定を実施した。【症例2】5歳, 男児。Extreme lateral approachにて椎骨動脈を移動ののち, 右Facet関節を解離し, 後方固定した。【考察と結語】患者の悲惨さに鑑み手術的治療を選択する場合, 両側(Facet)関節完全解離は困難である。手術の目標は何より骨性癒合の解離にあり, また矯正の保持にも工夫を要し, 椎骨動脈と脊髄に対するリスクとのはざまで術前の綿密な検討を要す。手術は難しいが成功すれば患者の得るところ大である。
Infantile atlanto-axial rotatory fixation (AARF) is easily diagnosed recently by CT and 3-D CT. Nevertheless, we still encounter patients in whom the condition is overlooked for months, and the reduction is impossible by traction or by simple posterior surgery. For reduction of chronic AARF, there are few case reports such as extreme lateral or transoral approach. But, no indication for surgical planning has been proposed. In this report, two cases of 9 year-old girl complicated quadriparesis and 5 year-old boy who were underwent transoral anterior release or lateral release of the dislocated and fused atlanto-axial joints were reported, suggesting a surgical planning with a significance of perfect release of bony fusion areas.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031006
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.76 no.5 page.219-225 (20001001)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216124.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

601 times.


Search
Related Materials in




atlanto-axial rotatory fixation
transoral approach
extreme lateral approach
joint release of the lateral mass