Back
皮疹を契機に発見された膵グルカゴノーマの1例   :   A case of pancreatic glucagonoma found out on occurrence of eruptions. 

作成者 中尾, 圭太郎, 関, 秀一, 岡, 裕之, 星本, 相浩, 窪田, 賢輔, 工藤, 卓也, 国吉, 孝, 大久保, 裕司, 庄古, 知久, 尾崎, 正彦
作成者の別表記 ナカオ, ケイタロウ, セキ, ヒデイチ, オカ, ヒロユキ, ホシモト, アイヒロ, クボタ, ケンスケ, クドウ, タクヤ, クニヨシ, タカシ, オオクボ, ユウジ, ショウコ, トモヒサ, オザキ, マサヒコ, Nakao, Keitaro, Seki, Hideichi, Oka, Hiroyuki, Hoshimoto, Aihiro, Kubota, Kensuke, Kudo, Takuya, Kuniyoshi, Takashi, Ohkubo, Yuji, Shouko, Tomohisa, Ozaki, Masahiko
キーワード等 グルカゴノーマ, 症候性膵島細胞腫, 壊死性遊走性紅斑
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 壊死性遊走性紅斑の出現からグルカゴノーマが疑われ, 確定診断・外科的治療に至った膵グルカゴノーマ及び肝転移の1例を経験した。腫瘍の切除により血中IRGは速やかに正常化し, 臨床症状も徐々に軽快した。グルカゴノーマの特徴的症状は皮膚病変, 耐糖能異常, 体重減少であるが, 皮膚病変の出現率は本邦では40%と比較的少なく, その他の症状及び臨床・画像検査で早期診断に努める必要があると思われた。
We reported a case of pancreatic glucagonoma with liver metastasis. In this case, necrolytic migratory erythema (NME) led to the diagnosis of glucagonoma. After resection of the lesions, serum glucagon level normalized immediately and the clinical symptom subsided gradually. A triad of glucagonoma is skin disorder, diabetic disorder, and body weight loss, however, in Japan the skin lesions have been documented in only 400f this disease.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031007
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.76 no.5 page.227-230 (20001001)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216125.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

531 times.


Search
Related Materials in




グルカゴノーマ
症候性膵島細胞腫
壊死性遊走性紅斑