Back
覚せい剤精神病の再発脆弱性におけるGタンパク質介在伝達系の変化の意義 : 第2報 : G protein βγサブユニットおよび効果器系について   :   第1005回千葉医学会例会・第17回精神科集談会 

作成者 菊池, 周一, 佐藤, 美緒, 尾崎, 茂, 和田, 清, 岩佐, 博人
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 第1005回千葉医学会例会・第17回精神科集談会
公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
資源識別子 11
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031062
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.76 no.6 page.292-292 (2000-12-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216196.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

433 times.


Search
Related Materials in