Back
拡張型心筋症患者の左室壁運動改善の予測におけるポジトロンCT代謝画像   :   Metabolic imaging with positron emission tomography for the evaluation of left ventricular wall motion reversibility in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy 

作成者 中尾, 元栄
作成者 (ヨミ) ナカオ, モトヒロ
作成者の別表記 Nakao, Motohiro
キーワード等 positron emission tomography, ^<18>Fluorine-Fluorodeoxyglucose, idiopathic dilated cardiomyopathy
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 虚血性心疾患に関しては, 現在までにFDG-PETを用いた左室壁運動改善の可能性の予測について報告されてきた。しかしながら拡張型心筋症の左室機能の改善と心筋糖代謝との関係は議論されていない。心臓超音波検査にて左室駆出率の低下している拡張型心筋症20症例(平均左室駆出率34.1±10.4%)に経口による糖負荷FDG-PETを施行した。さらにそれぞれの症例で心筋糖代謝率とその不均一性の指標として変動係数(CV)を算出した。その中央値0.128をこえる変動係数を示す群(高CV群:10例)とそれ以下の群(低CV群:10例)の2群に分割し, 薬物治療後に再び心臓超音波検査を施行してそれぞれの群における心機能の変化を検討した(平均3.5ヶ月後)。低CV群は平均左室駆出率が平均で30.7%から50.6%と有意に改善を認めた一方, 高CV群は平均で37.6%から35.8%と改善を認めなかった。また左室駆出率の変化と平均心筋糖代謝率の間には相関が認められないものの, 左室駆出率の変化とCVとの間には負の相関を認めた。これにより拡張型心筋症症例における左室壁運動の改善は平均の心筋糖代謝率ではなく心筋糖代謝率の不均一性と関係している可能性が示された。このFDG-PETを用いた左室機能改善の予測は, 治療方針の選択に役立つと考えられた。
Twenty idiopathic dilated cardiomyopathy (IDC) patients who demonstrated reduction of left ventricular (LV) ejection fraction (LVEF) evaluated by echocardiography (mean±s.d.: 34.1±10.4%) underwent positron emission tomography with ISFluorine-Fluorodeoxyglucose (FDG-PET) study after oral glucose loading. Regional myocardial glucose utilization rate (rMGU) and coefficient of variance (CV) of rMGU were measured and calculated for each patient. The patients were divided into two group by the median of the CV values. After medical treatment for a mean follow-up period of 3.5 months, LV functions were evaluated again. Patients in the low CV group showed significant increase in LVEF from 30.70 50.6%, while LVEF of patients in the high CV group remained similar (37.61024707340 35.8%, ns). An inverse correlation was observed between delta LVEF and CV, while no correlation was observed between delta LVEF and mean-rMGU. The results suggest that the wall motion reversibility of patients with IDC is associated with the spatial heterogeneity of rMGU, but not with initial absolute rMGU.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031145
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.77 no.1 page.15-22 (20010200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004235602.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

559 times.


Search
Related Materials in




positron emission tomography
^<18>Fluorine-Fluorodeoxyglucose
idiopathic dilated cardiomyopathy