Back
Gated SPECTにおける収縮末期像を用いての虚血診断精度の検討.   :   Improved sensitivity in the quantitative diagnosis of ischemia based on end-systolic images obtained by gated SPECT 

作成者 三上, 雄路, 桑原, 洋一, 松野, 公紀, 黒田, 徹, 藤井, 清孝, 増田, 善昭
作成者 (ヨミ) ミカミ, ユウジ, クワバラ, ヨウイチ, マツノ, コウキ, クロダ, トオル, フジイ, キヨタカ, マスダ, ヨシアキ
作成者の別表記 Mikami, Yuji, Kuwabara, Yoichi, Matsuno, Koki, Kuroda, Toru, Fujii, Kiyotaka, Masuda, Yoshiaki
キーワード等 coronary artery disease, ^<99m>Tc-tetrofosmin gated SPECT, quantitative analysis
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 ^<99m>Tc-Tetrofosmin心電図同期心筋SPECT像を応用し, その, 収縮末期像を用いて虚血診断精度が上がるかどうかを検討した。方法として冠動脈正常例17例及び75%以上の狭窄を持つ冠動脈疾患例81例に負荷時^<99m>Tc-Tetrofosmin740MBq静注後, 心電図同期心筋SPECTを撮像。正常ファイル20例より求めた正常値をもとにし, extent, severity scoreを収縮末期像 拡張末期像 非同期像それぞれの時相において算出, その値を比較した。ついで正常群のextent, severity scoreの95%信頼間隔を正常上限として冠動脈疾患検出に対するsensitivityも算出, 比較検討した。結果は, 冠動脈正常例ではextent, severity scoreとも差を認めなかったのに対し, 冠動脈疾患例ではextent, severity scoreとも収縮末期像 非同期像拡張末期像の順であり, 有意差を認めた。冠動脈疾患検出に対するsensitivityも算出し, 比較検討したところextent scoreでは拡張末期像60.5% 非同期像75.3%収縮末期像91.4%, severity scoreでは拡張末期像67.9% 非同期像85.2% 収縮末期像91.4%と有意に収縮末期像で高かった。以上より^<99m>Tc-Tetrofosmin心電図同期心筋SPECT像を応用し, 収縮末期像を用いて定量的診断をすることにより, specificityを下げずにsensitivityが上がり虚血診断精度が向上すると考えられる。
公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031297
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.77 no.3 page.113-121 (20010601)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004235769.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

938 times.


Search
Related Materials in




coronary artery disease
^<99m>Tc-tetrofosmin gated SPECT
quantitative analysis